Rchr
J-GLOBAL ID:200901018707361632   Update date: Nov. 26, 2020

Kato Hatsuyoshi

カトウ ハツヨシ | Kato Hatsuyoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Applied physics - general ,  Mathematical physics and basic theory
Research keywords  (6): Layered structure ,  Ultrasound ,  Phonon ,  層状構造物 ,  超音波 ,  フォノン
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2015 - 2017 弱形式スキームによる弾性波散乱の数値計算法及びその実験的検証
  • 2011 - 2013 逐次伝達法の弱形式理論化とそのマイクロ波への適用およびテンソル場への拡張の検討
  • 2010 - 2010 理科基礎のにおけるものづくり実験『手作り部品によるラジオの作製』改善計画
  • 1999 - 2001 層状構造物を含む系での超音波透過率の向上及び化学センサーへの応用に関する研究
  • Education of physics with computers
Show all
Papers (33):
more...
MISC (43):
  • 加藤 初儀. 離散化スキーム逐次伝達法を用いた散乱問題の数値解法の提案. 第44回数値計算解析シンポジウム,2015.6.8-10, 甲州市, 2015 講演予稿集(応用数理学会2015.6.8発行) pp.1-4, 2015. 2015
  • 加藤 初儀. Weak-Form Discretization Scheme for Recursive Transfer Method. KCNADE2014(Kyoto Conference on Numerical Analysis of differential equations ) 2014.9.16-19 (Kyoto, Japan. 16-19, Sep. 2014. (国際会議). 2014
  • 加藤 初儀. 逐次伝達法を拡張する弱形式離散化スキーム. 第13回常微分方程式の数値解法とその周辺 研究会報告集(日本応用数理学会)pp.77-84. 2014
  • 加藤 初儀. Proposal of Recursive Transfer Method as an Accurate Numerical Method for Microwave Scattering Problem. 2010 Asia Pacific Radio Science Conference, Toyama Japan 22-26 Sep. 2010. 講演番号BEEKc-2 (国際会議). 2010
  • 加藤 初儀. 理科基礎におけるものづくり実験実施報告~手作り部品によるラジオの作製. 平成21年 度機器・分析技術研究会 実験・実習技術研究会 in 琉球 報告集,p.366. 2009
more...
Patents (7):
  • 論理シュミュレーション方法
  • 論理シュミュレーション方法
  • 故障シュミュレーション装置
  • 故障シミュレーション方法
  • 論理回路の動作検証方法
more...
Books (2):
  • 層状構造物を含む系での超音波透過率の向上及び科学センサーへの応用に関する研究
    (H11~H13年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2) 研究成果報告書 課題番号11650062) 2001
  • 超格子における音響フォノンの分散関係ならびに共鳴透過と反射に関する研究
    (博士論文 北海道大学) 1998
Lectures and oral presentations  (19):
  • 弾性導波路におけるFano共鳴
    (IEICE 総合大会 2018)
  • The control of resonance curve using the shape modulation of the scattering region in elastic waveguide
    (5th Joint Meeting Acoustical Society of America and AcousticalSociety of Japan 2016)
  • 細分化四角形要素を用いたRTMによる散乱問題の数値計算法
    (第14回常微分方程式の数値解法とその周辺 2016)
  • 弾性導波路におけるSパラメータの抽出方法の開発
    (電子情報通信学会技術研究報告 2015)
  • 弱形式離散化スキーム逐次伝達法を用いた散乱問題の数値計算法の提案
    (日本応用数理学会 「第44回数値計算シンポジウム」 2015)
more...
Works (1):
  • 青少年のための科学の祭典苫小牧大会
    2005 - 現在
Education (2):
  • - 1984 Hokkaido University
  • - 1982 Hokkaido University Department of Applied Physics
Professional career (2):
  • Doctor (Engineering) (Hokkaido University)
  • Master (Hokkaido University)
Work history (3):
  • 1990 - 現在 Tomakomai National College of Technology professor
  • 1994/03 - 1995/01 Brown University 文部省在外研究員
  • 1984/04 - 1990/03 NEC
Committee career (2):
  • 2005/06 - 現在 苫小牧科学の会 代表
  • 2008 - 2008 子ども宇宙サミット実行委員会 実行委員
Awards (1):
  • 1999 - 道央テクノポリス開発機構理事長賞
Association Membership(s) (1):
日本物理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page