Rchr
J-GLOBAL ID:200901029796375384   Update date: Nov. 04, 2020

Kim Haeng-Boo

キム ヘンブ | Kim Haeng-Boo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Functional solid-state chemistry ,  Nano/micro-systems ,  Analytical chemistry
Research keywords  (1): spectroscopy, electrochemistry, photochemistry, microchemistry
Papers (91):
MISC (16):
Patents (7):
  • ポリマー基板マイクロ電極と電極内蔵ポリマー基板マイクロチャンネルチップの製造方法
  • マイクロチップ微細流路内液相の温度測定方法とその装置並びにマイクロチップ
  • 電極集積化マイクロチップにおける電気化学反応の測定方法
  • 光感応性マイクロチャンネルとこれを備えたマイクロチップ化学
  • マイクロミキサー及び流体の撹拌方法並びに流体の混合方法
more...
Books (19):
  • 光化学の事典
    朝倉書店 2014
  • マイクロ・ナノ化学チップと医療・環境・バイオ分析
    技術教育出版 2009
  • 光と機能界面のおりなす新しい化学の世界
    クバプロ 2007
  • ナノテクノロジー入門シリ-ズ 第2巻・ ナノ・マイクロ構造による分析計測
    共立出版 2007
  • 医療ナノテクノロジー -最先端医学とナノテクの融合-・マイクロ・ナノ化学チップ II検出
    杏林図書 2007
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • 低周波交流電場下における微粒子泳動挙動
    (第16回茨城地区分析技術交流会 2019)
  • マイクロ流路における交流インピーダンスの流速依存性
    (第16回茨城地区分析技術交流会 2019)
  • 2流路間に配置したバイポーラー電極の電気化学応答
    (第29回日本化学会関東支部 茨城地区研究交流会 2018)
  • 超臨界二酸化炭素/水界面におけるTPPS会合体生成挙動に及ぼす界面活性剤構造の影響
    (日本分析化学会 第67年会 2018)
  • 励起エネルギー移動を利用したメソポーラスシリカ細孔内色素の吸着状態の検討
    (第27回日本化学会関東支部 茨城地区研究交流会 2016)
more...
Education (1):
  • 1986 - 1986 Tokyo Institute of Technology 電子化学専攻
Professional career (1):
  • 理学博士 (東京工業大学)
Work history (8):
  • 2007/07 - 茨城大学 理学部 教授
  • 2000/10 - 2007/06 東京大学大学院 工学系研究科 総合研究機構 助教授
  • 1995/04 - 2000/09 北海道大学大学院 理学研究科 助教授
  • 1995/04 - 2000/09 北海道大学大学院 理学研究科 助教授
  • 1993/05 - 1995/03 北海道大学 理学部 化学科 講師
Show all
Committee career (4):
  • 2006 - 2016 化学とマイクロ・ナノシステム学会 会誌編集委員長
  • 2013/04 - 2014/03 日本化学会 関東支部幹事
  • 2013 - 2013 日本化学会 第24回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会実行委員長
  • 2013 - 2013 日本分析化学会 日本分析化学会茨城地区研究交流会実行委員長
Association Membership(s) (6):
日本化学会 ,  日本分析化学会 ,  光化学協会 ,  電気化学会 ,  化学とナノ・マイクロシステム研究会 ,  アメリカ化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page