Rchr
J-GLOBAL ID:200901031072517955   Update date: Dec. 11, 2019

ISAGAWA NOBUYUKI

イサガワ ノブユキ | ISAGAWA NOBUYUKI
Affiliation and department:
Papers (23):
  • ISAGAWA NOBUYUKI. Cost of capital and value-based management. 2019. 57. 10. 6-18
  • ISAGAWA Nobuyuki,. The effect of the regulation on security analysts' conflicts of interest. 国民経済雑誌. 2013. 第207巻. 第5号. 21-31
  • ISAGAWA Nobuyuki,. 優れたIR活動と継続的な評価:評価項目分析と住友商事の事例. 国民経済雑誌. 2011. 第203巻. 第5号
  • ISAGAWA Nobuyuki,. 企業価値分析と投資決定. 住友経営テクノロジーフォーラム. 2008
  • SUZUKI Katsushi, ISAGAWA Nobuyuki. 株主優待導入が株価に与える影響. 神戸大学ディスカッションペーパー. 2008. 2008-3
more...
MISC (7):
  • ISAGAWA Nobuyuki. 成長と価値:海外投資の注意点. CFO FORUM. 2012. 第42号. pp.20-21
  • ISAGAWA Nobuyuki. M&A:サイズと新興. CFO FORUM. 2012. 第41号. pp.20-21
  • ISAGAWA Nobuyuki. 企業分析:企業を外から視る. 経済学・経営学学習のために. 2012. 平成24年前期号
  • ISAGAWA Nobuyuki. 資本コストと割引率. CFO FORUM. 2012. 第40号. pp.34-35
  • ISAGAWA Nobuyuki. DCF法と企業価値. CFO CORUM. 2011. 第39号
more...
Books (9):
  • 財務政策と企業価値
    有斐閣 2000
  • 『コーポレート・ファイナンス入門』
    中央経済社 2004
  • 経営学検定試験テキスト5 ファイナンス
    中央経済社 2004
  • 『パーソナル・ファイナンス入門』
    中央経済社 2006
  • 日本企業のコーポレートファイナンス
    日本経済新聞出版社 2007
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 株式価値評価と現代ファイナンス理論
    (日本私法学会第79回大会 2015)
  • 資本市場の潮流と日本企業のペイアウト
    (日本経営財務研究学会第41回全国大会 2017)
  • Profitability, cost structure and equity returns: Evidence from Japanese stock markets
    (UNIVERSITÄT HAMBURG - KYOTO UNIVERSITY Symposium 2017)
  • Recent Japanese Corporate Finance
    (Kyoto-Chulalongkorn university finance and business meeting 2018)
  • 平成から令和へのファイナンス:コーポレートファイナンス
    (日本経営財務研究学会第43回全国大会 2019)
Work history (1):
  • Kobe University Graduate School of Business Administration Division of Business Administration Professor
Awards (2):
  • 2008 - Journal of Financial Research Outstanding Article Awards 2007, Journal of Financial Research "A theory of unwinding of cross-shareholding under managerial entrenchment"
  • 2007/10 - 日本経営財務研究学会 日本経営財務研究学会学会賞 -
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page