Rchr
J-GLOBAL ID:200901031781571076   Update date: Oct. 08, 2021

Ohno Sachiko

オオノ サチコ | Ohno Sachiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (6): ワーク・ライフ・バランス ,  ジェンダー ,  家族心理学 ,  発達心理学 ,  Family Psychology ,  Developmental Psychology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 職業教育機関としての専門学校教育とジェンダーに関する実証的研究
  • 2000 - 2002 Culture Psychological Research on Family and Individual Development in changing society
Papers (8):
  • 大野祥子. 育児期男性が「男は仕事」という性役割規範を相対化するプロセス:家庭関与の質に注目して. 白百合女子大学. 2014
  • 大野祥子. 育児期男性にとっての家庭関与の意味:男性の生活スタイルの多様化に注目して. 発達心理学研究. 2012. 23. 3. 287-297
  • 大野祥子, 柏木惠子. 養育する親としての父親. 児童心理学の進歩2011年版. 2011. 127-150
  • 大野祥子. 「男は仕事」規範を相対化する生き方への変化過程. 生涯発達心理学研究. 2010. 2. 41-53
  • 大野祥子, 野本(宮崎)玲菜. 父親の育児参加:子どもの世話を「する父親」と「したいけれどしない父親」は何が異なるか. 生涯発達心理学研究. 2009. 1. 41-52
more...
MISC (20):
  • 大野祥子, 目良秋子. 女子大学におけるキャリア教育の在り方とその教育効果に関する検討2:本学初等教育学科学生のキャリア意識の推移とテキスト分析. 生涯発達心理学研究. 2020. No.12. 79-90
  • 大野祥子. 家族を社会に開く(「新しい家族のかたち」第5回). 保育通信2020年8月号. 2020. No.785. 44-47
  • 大野祥子. 家族のライフサイクルと発達課題(「新しい家族のかたち」第4回). 保育通信2020年7月号. 2020. No.784. 44-47
  • 大野祥子. 「見える育児」と「見えない育児」(「新しい家族のかたち」第3回). 保育通信2020年6月号. 2020. No.783. 30-33
  • 大野祥子. 若者はなぜ結婚しなくなったのか(「新しい家族のかたち」第2回). 保育通信2020年5月号. 2020. No.782. 30-33
more...
Books (16):
  • 新保育ライブラリ 子ども家庭支援の心理学
    北大路書房 2021 ISBN:9784762831539
  • 多様な人生のかたちに迫る発達心理学
    ナカニシヤ出版 2020
  • シードブック 子ども家庭支援の心理学
    建帛社 2019
  • 新・発達心理学ハンドブック
    福村出版 2016
  • 「家族する」男性たち:おとなの発達とジェンダー規範からの脱却
    東京大学出版会 2016
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • 「見えない家事」の分担と夫婦関係
    (日本家族心理学会第36回大会 2019)
  • ケースに関連したキャリア教育実践の一例(公募シンポジウム「大学全入時代のキャリア教育:ジェンダーの視点からの検討」話題提供)
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 育児期男性の仕事と家庭の調整に見る他者へのまなざし(ラウンドテーブル「伝統的なジェンダー役割観は変わりうるのか:その兆しをさぐる」話題提供)
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 父親の実証的研究(ワークショップ)
    (日本家族心理学会第35回大会 2018)
  • なぜ女性はケア役割を引き受け,内面化するのか(自主シンポジウム企画・司会)
    (日本発達心理学会第29回大会 2018)
more...
Education (3):
  • 1994 - 1996 Shirayuri University
  • 1992 - 1994 Shirayuri University
  • 1988 - 1992 Tokyo Woman's Christian University
Professional career (2):
  • Master of Arts (Shirayuri College)
  • 博士(心理学) (白百合女子大学)
Work history (15):
  • 2021/09 - 現在 Shiraumegakuen College
  • 2021/06 - 現在 横浜市立大学 都市社会文化研究科 客員研究員
  • 2014/04 - 現在 Jumonji University The Faculty of Human Life The Department of Human Developmental Psychology
  • 2012/04 - 現在 Tokyo Woman's Christian University
  • 2011/10 - 現在 Tokyo Gakugei University
Show all
Association Membership(s) (4):
THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  日本家族心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本発達心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page