Rchr
J-GLOBAL ID:200901034734508721   Update date: Jul. 06, 2016

Honda Osamu

ホンダ オサム | Honda Osamu
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Asia/Africa
Research keywords  (1): Study on the Development of Irrigation Work in Imperial China
Papers (30):
  • 本田治. 寧波に移り住む人びと. くらしがつなぐ寧波と日本(東アジア海域に漕ぎだす3、東京大学出版会). 2013. 76-90
  • Honda Osamu. Development and Migration in Coastal Ningpo during the Ch'ing. The Journal of Ritsumeikan East Asian History Studies. 2010. 33. 1-47
  • 本田治. 宋代における湖田造成と陂塘湖の保全問題. 『古代水利施設の歴史的価値及びその保護利用国際学術討論会論文集』科研「寧波地域の水利開発と環境」班(研究代表 松田吉郎). 2009. 36-50
  • HONDA OSAMU. Development and Migration in Coastal Ningbo during the Ming. The Ritsumeikan Bungaku. 2008. 608. 93-129
  • Honda Osamu. Development and Migration in Coastal Ming-chou during the Sung. 国際東方学者会議紀要. 2008. 第52冊. 102-103
more...
MISC (1):
  • 本田 治. 関于宋元時代的夏蓋湖水利. 海外中国水利史研究:日本学者集(人民出版社). 2014. 377-392
Books (2):
  • 東アジア経済史の諸問題
    阿吽社 2000
  • 中国本土地図目録
    大阪大学アジア史研究会 1976
Lectures and oral presentations  (13):
  • 近世寧波における移住と開発
    (立命館東洋史学会大会 2010)
  • 宋代余姚の水利開発補論
    (中国水利史学会大会 2009)
  • 宋代江南の陂湖の埋め立てと復湖運動(宋代江南填湖与復湖運動)
    (2008年古代堰壩工程歴史価値及其保護利用国際学術檢討会,中国, 成都市 2008)
  • 宋代明州沿海部における開発と移住
    (第52回国際東方学者会議シンポジウム「中国社会の持続と変容-その論理と実際」 2007)
  • 寧波の水利調査
    (立命館東洋史学会大会 2006)
more...
Works (2):
  • ディスカッサント・コメント・ペーパー 『東アジア海域交流史 現地調査報告-地域・環境・心性』1号(平成17~21年度文部科学省特定領域研究:「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成-寧波を焦点とする学際的創生-」現地調査研究部門、2006年12月 )85-89頁。
    2007 -
  • 「飢饉(中国)」(『歴史学事典第』13巻「所有と生産」(弘文堂、2006年4月)
    2007 -
Education (2):
  • - 1976 Osaka University
  • - 1964 Kumamoto University
Professional career (1):
  • Master of Arts (Osaka University)
Work history (1):
  • Ritsumeikan University College of Letters, East Asian Studies Program Professor
Association Membership(s) (5):
史学会 ,  東洋史学会 ,  社会経済史学会 ,  中国水利史学会 ,  東方学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page