Rchr
J-GLOBAL ID:200901036445097716   Update date: Oct. 20, 2021

Yonekura Masami

ヨネクラ マサミ | Yonekura Masami
Affiliation and department:
Job title: Professor,Department of Bioresource Science,Department of Major in Bioresource Science of Master's Program,the Graduate School of Agriculture
Homepage URL  (1): http://foodfunc.agr.ibaraki.ac.jp
Research field  (1): Food sciences
Research keywords  (14): アピオス ,  ローヤルゼリー ,  プロテオーム ,  ペプチド ,  タンパク質 ,  機能性食品 ,  食品機能 ,  Apios ,  Royal jelly ,  Proteome ,  Peptide ,  Protein ,  Functional Food ,  Food function
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2006 - 食品タンパク質のプロテオーム解析と応用
  • 2006 - proteomics analysis of the food proteins
  • 1990 - ローヤルゼリータンパク質の構造と機能に関する研究
  • 1990 - Studies on Structure and Function of Royal Jelly Proteins
  • 1987 - 食品中の生理機能性タンパク質・ペプチドに関する研究
Show all
MISC (181):
Books (6):
  • 「機能性ペプチドの開発最前線」第9章食品で注目されるペプチドの機能
    シーエムシー出版 2015 ISBN:9784781310671
  • 食品機能性の科学、西川研次郎監修、第2部第6章第1節概論、第2節ローヤルゼリー
    産業技術サービスセンター 2008 ISBN:9784915957482
  • 「美容食品の開発と展望」8.2 ローヤルゼリー
    シーエムシー出版 2004
  • Animal Cell Technology : Basic & Applied Aspects,Preparation of a Bispecific Antibody to Ovomucoid and Horseradish Peroxidase
    Kluwer Academic Publishers 1999
  • Animal Cell Technology : Basic & Applied Aspects,Preparation of a Bispecific Antibody to Ovomucoid and Horseradish Peroxidase
    Kluwer Academic Publishers 1999
more...
Lectures and oral presentations  (62):
  • アピオス塊茎由来ポリガラクツロナーゼインヒビター(PGIP)の分離精製、性質とcDNAクローニング
    (日本農芸化学会2015年度大会 2015)
  • プロテオミクスでローヤルゼリーの食品機能を探る
    (日本プロテオーム学会2015年会 2015)
  • Function analysis of royal jelly proteins using proteomics
    (2015)
  • デキストラン硫酸ナトリウムで誘発したヒト腸管上皮細胞株Caco-2の細胞傷害に対するローヤルゼリータンパク質の影響
    (日本農芸化学会2014年度大会 2014)
  • 溶血性レクチンCEL-IIIの糖結合サブドメイン2βへの変異導入による溶血活性の向上
    (日本農芸化学会2013年度大会 2013)
more...
Works (13):
  • 標準アピシン蛋白質の調製に関する研究
    2010 - 2011
  • メロンピューレ及びメロン羊かんの機能性分析
    2007 - 2008
  • 食物アレルギーのメカニズムと制御に関する研究
    2007 - 2008
  • 食物アレルギーのメカニズムと制御に関する研究
    2006 - 2007
  • 食物アレルギーのメカニズムと制御に関する研究
    2005 - 2006
more...
Professional career (2):
  • Doctor of Agriculture (Kyushu University)
  • Master of Agriculture (Kyushu University)
Work history (12):
  • 2012 - 2014 :茨城大学・評議員、農学部副学部長
  • 1991 - 2001 :東京農工大学大学院連合農学研究科・助教授
  • 2001 - -:東京農工大学大学院連合農学研究科・教授
  • 2001 - -:茨城大学・教授(農学部)
  • 2001 - -:Professor, College of Agriculture, Ibaraki University
Show all
Committee career (1):
  • 2009/04 - 2011/03 日本農芸化学会 評議員
Association Membership(s) (16):
日本食品免疫学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本食品化学学会 ,  日本生化学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本農芸化学会 ,  Japanese Association for Food Immunology ,  Japanese Society of Nutrition and Food Science ,  Japanese Association for Animal Cell Technology ,  Japanese Society of Food Chemistry ,  The Japanese Biochemical Society ,  Japanese Society for Food Science and Technology ,  and Agrochemistry ,  Biotechnology ,  Japan Society for Bioscience
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page