Rchr
J-GLOBAL ID:200901042820907054   Update date: Feb. 01, 2024

Nakamura Mitsuo

ナカムラ ミツオ | Nakamura Mitsuo
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (1): 作業療法・手指機能・巧緻性評価・体性感覚・日常生活動作
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2022 - 2025 Gradingを指標とした利き手と非利き手の機能的特徴の評価の検討
  • 2022 - 2025 手指巧緻性に関わるつまみ力調整課題中の手内在筋・外在筋の出力調整メカニズムの解明
  • 2019 - 2022 静的・動的な力の調整能力解析による巧緻性の新規定量化法の開発
Papers (24):
  • 山本 大稀, 小島 虎太郎, 鈴木 祥夫, 早崎 涼太, 中村 充雄, 中村 眞理子. 利き手と非利き手における機能的特徴に関する検討 巧緻性の一要素であるGradingを指標として. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2023. 60. 特別号. 4-3
  • 早崎 涼太, 山本 大稀, 中村 充雄, 中村 眞理子. 腱振動刺激を用いた運動錯覚による介入が橈骨遠位端骨折患者の術後早期の疼痛に与える効果. 日本作業療法研究学会雑誌. 2021. 24. 2. 15-21
  • Mitsuo NAKAMURA, Mariko NAKAMURA. Changes in the distribution of digit forces and associated finger functions during prehension. Journal of Physical Medicine and Rehabilitation. 2021. 3. 1
  • 浅野 友佳子, 熊谷 昇悟, 中村 充雄, 中村 眞理子. 再生医療後に訪問リハビリテーションにて復職を目指した一例. 訪問リハビリテーション. 2020. 10. 3. 251-255
  • 首藤 英里香, 澤田 いずみ, 中村 充雄, 青木 信裕, 後藤 葉子, 竹田 里江, 大日向 輝美. 保健医療学系3学科合同による段階的多職種連携教育の評価 卒業生を対象にしたフォーカスグループインタビュー. 札幌保健科学雑誌. 2020. 9. 41-47
more...
MISC (87):
  • 浅野 友佳子, 中村 充雄, 中村 眞理子. 横断性脊髄炎を発症し,排泄障害を合併しながら復職した一事例. 日本作業療法学会抄録集. 2022. 56回. PN-4
  • 小島 虎太郎, 京谷 政昭, 佐藤 航平, 中村 充雄. 不全頸髄損傷患者に対するCI療法により補助手が実用手へと改善した症例. 日本作業療法学会抄録集. 2022. 56回. OA-2
  • 朝倉 真未, 丹野 拓史, 齊藤 雄一郎, 中村 充雄. 能力と自己認識に乖離があるクライアントに対し意図的関係モデルの治療的モードを用い関わった事例. 日本作業療法学会抄録集. 2022. 56回. PA-6
  • 中村 充雄, 山本 大稀, 中村 眞理子. 利き手・非利き手におけるつまみ力調整能力と長さ知覚を用いた手指固有感覚との関連. 日本作業療法学会抄録集. 2022. 56回. PP-3
  • 浅野 友佳子, 中村 充雄, 中村 眞理子. 放課後等デイサービスの利用者家族及び支援者の自己効力感の違い. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2022. 81回. 336-336
more...
Books (1):
  • 15レクチャーシリーズ 理学療法・作業療法テキスト 運動学実習
    中山書店 2016
Lectures and oral presentations  (67):
  • The Effect of Intervention by Illusory Kinesthesia on Pain and ADL in Patients with DRF after Surgery
    (2nd COTEC-ENOTHE Congress)
  • Characteristics of Adjusting Precision Grip Strength -Influence with control of somatosensory-
    (2nd COTEC-ENOTHE Congress)
  • 地域高齢者の社会参加が減少する要因
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2020)
  • 北海道滝川保健所管内における高次脳機能障がいへの取り組み(第1報)
    (高次脳機能研究 2020)
  • 地域在住高齢者の手指機能と認知機能の関連
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2019)
more...
Education (3):
  • 2014 - Sapporo Medical University Graduate School of Health Sciences
  • - 2004 Sapporo Medical University Graduate School of Health Sciences
  • - 2002 Sapporo Medical University School of Health Sciences Department of Occupational Therapy
Professional career (1):
  • 作業療法学博士 (札幌医科大学)
Committee career (4):
  • 2019 - 現在 日本作業療法研究学会 理事
  • 2015/04 - 現在 公益社団法人北海道作業療法士会 財務部長
  • 2012/04 - 2015/03 公益社団法人北海道作業療法士会 学術部第二学術課員
  • 北海道作業療法士会 教育部員
Association Membership(s) (7):
JAPAN SOCIETY FOR HIGHER BRAIN DYSFUNCTION ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  日本ヒト脳機能マッピング学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL THERAPY RESEARCH ,  日本臨床バイオメカニクス学会 ,  北海道作業療法士会 ,  日本作業療法士協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page