Rchr
J-GLOBAL ID:200901049890104913   Update date: Aug. 30, 2021

Shibuya Yutaka

シブヤ ユタカ | Shibuya Yutaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - European
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 世界戦争とナショナル・アイデンティティ-アジア太平洋戦争期の他者体験と文学言説
  • 近代文学における地球の表象-吉江喬松を中心に
  • 現代フランス小説--第二次大戦および戦後の記憶の再編成の視座から
  • 両大戦間期フランスにおけるジャポニザンの活動
  • 『フランス・ジャポン』研究-大戦前夜の在仏邦人の出版活動
Show all
Papers (15):
  • 渋谷豊. 吉江喬松「アルプス連峯の輝き」試論. 信州大学人文科学論集. 2020. 7. 2. 173-194
  • 渋谷豊. 白い羊と俳句 : フランスにおける日本文学受容の一側面. 信州大学人文科学論集. 2018. 5. 133-144
  • 渋谷豊. フランスにおける日本文学受容の一側面 : 火野葦平の場合. 信州大学人文科学論集. 2017. 4. 141-153
  • 渋谷豊. 現代フランス小説における第二次世界大戦の表象 : ジャン・ルオー『偉人伝』の場合. 信州大学人文科学論集. 2016. 3. 89-111
  • 金子光晴のパリ. 日本比較文学会東京支部研究報告. 2010. 7. 27-32
more...
MISC (8):
  • 渋谷豊. [追悼]フランソワ・ヴェイエルガンス-寄り道の達人. ふらんす. 2019. 65
  • 渋谷豊. 藤田嗣治と刺青のこと. ふらんす. 2018. 19-21
  • 澁谷豊. 本から本を作る作家たち(『日本文学全集17 堀辰雄/福永武彦/中村真一郎』(池澤夏樹編、河出書房新社)の書評). ふらんす. 2015. p. 72
  • 澁谷豊. 在りし日の物語(ミシェル・ウエルベック『地図と領土』(野崎歓訳、筑摩書房)の書評). ふらんす. 2014. p. 105
  • ほろよいブックス編集部編. エッセー:『酒読み』(「フランスの美酒」p. 138-152担当). 2012
more...
Books (12):
  • 翻訳 ラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』
    光文社 2019
  • 翻訳:ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』(上下巻)
    角川文庫 2016
  • 翻訳:サン=テグジュペリ『人間の大地』
    光文社古典新訳文庫 2015
  • 『両大戦間の日仏文化交流』(「『ルヴュ・フランコ・ニッポンヌ』とルネ・モーブラン」p. 91-109 担当)
    2015
  • 翻訳:イレーヌ・ネミロフスキー『フランス組曲』(「資料」p. 473-550 担当)
    白水社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 野生児と海-日本におけるランボー受容
    (日仏文化交流史研究会 2012)
  • 金子光晴のパリ
    (日本比較文学会東京支部9月例会 2008)
  • エマニュエル・ボーヴの掌篇「コアリシオン」について-移民の子の文学
    (日本フランス語フランス文学会秋季大会 2004)
  • 金子光晴とランボー
    (早稲田大学比較文学研究室第185回月例研究発表会 2003)
  • 日本におけるランボー受容の一側面-富永太郎を中心に
    (早稲田大学比較文学研究室第176回月例研究発表会 1999)
Education (2):
  • - 2003 Universite Paris IV
  • - 1990 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(比較文学) (パリ第四大学)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 信州大学学術研究院人文科学系教授
  • 2006/10 - Shinshu University Faculty of Arts
  • 2004/04 - 2006/03 Waseda University
Awards (1):
  • 2008 - 小西国際交流財団 第十三回日仏翻訳文学賞
Association Membership(s) (2):
日本比較文学会 ,  日本フランス語フランス文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page