Rchr
J-GLOBAL ID:200901057254948888   Update date: Oct. 28, 2020

Ogou Hiroshi

オゴウ ヒロシ | Ogou Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: associate professor
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (2): 古代ギリシア史 ,  History of Ancient Greece
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • ポリスの衰退とヘレニズム世界の生成に関する研究
  • Study on the Decline of City-States and the Growth of Hellenistic World
Papers (10):
  • 小河 浩. 前三五〇年代、トラキアのオドリュサイ王国をめぐる政治・軍事情勢-東王国の王ケルソブレプテスの動向を中心に-. 史林. 2019. 102. 2. 245-277
  • 小河 浩. 離島の伝承, 大崎上島の地名と自然災害. 島嶼研究. 2018. 19. 1. 83-102
  • 災害地名調査から見えた大崎上島地域社会の問題. 広島商船高等専門学校紀要. 2018. 40. 151-162
  • 小河 浩. 神峰の「さいのかわら」と「はさみ岩」伝承の背景 ---歴史・文化的資源の活用と行政的課題. 2017. 39. 93-106
  • 柴山 慧, 小河 浩, 朝倉 和, 山下 航正, 木下 恵介, 岸 拓真, 中道 豪一, 御堂 渓, 慶川 源将. 「日本国内における櫂傳馬」. 広島商船高等専門学校紀要. 2017. 39. 62-62
more...
MISC (21):
  • 小河 浩. ICTを用いた他高専との共同授業. シンポジウム2016「離島における教育の充実」 平成28年9月3日. 2016
  • 小河 浩. 民俗学などから考えた大崎上島-山間部に残る伝承を中心に-. 日本島嶼学会2016年次大会 要旨集、2016、P28-29. 2016
  • 小河 浩. ギリシア人傭兵と「貧困」について---アレクサンドロス大王時代を手掛かりに---. 広島西洋史学研究会 平成26年8月11日. 2014
  • 小河 浩. ペロポネソス人傭兵の活動とその実態: アーケイック期からヘレニズム期. 広島西洋史学研究会 平成24年8月10日. 2012
  • 古代ギリシャ・アイトリア地方における傭兵活動. 古代文化. 2009. 61. 1. 77-95
more...
Books (3):
  • 紀元前4世紀ギリシア世界における傭兵の研究
    渓水社 2010 ISBN:9784863271074
  • デモステネスとイソクラテスの叙述における傭兵とポリスの危機
    『危機をめぐる歴史学』 2002
  • The Mercenaries in the Writings of Demosthenes and Isocrates and Crisis of Polis
    The History of Crisis
Lectures and oral presentations  (7):
  • 前370年~前360年代におけるトラキア系オドリュサイ王コテュスの動向
    (広島史学研究会 2019)
  • トラキア人の略奪とコテュス、ケルセブレプテス時代のオドリュサイ王国の対外関係
    (広島史学研究会 2018)
  • 前350年代におけるケルセブレプテスの動向---末期オドリュサイ王国の政治と軍事
    (広島史学研究会 2017)
  • 大崎上島町・東野地区の地名と災害
    (日本島嶼学会 2017)
  • 民俗学などから考えた大崎上島-山間部に残る伝承を中心に-
    (日本島嶼学会 2016)
more...
Professional career (1):
  • (BLANK)
Association Membership(s) (3):
日本島嶼学会 ,  古代世界研究会 ,  広島史学研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page