Rchr
J-GLOBAL ID:200901063704048939   Update date: Nov. 13, 2019

Kasuya Takashi

カスヤ タカシ | Kasuya Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Clinical psychology ,  Social psychology ,  Educational psychology
Research keywords  (1): 児童生徒の内的作業モデルと問題行動との関連
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2020 小学校における学級集団状態に適合した授業モデルの開発
Papers (71):
more...
MISC (22):
  • 粕谷貴志. 子どもたちの課題と発達を保障する学校づくり. やまと. 2019. 43. 8. 2-5
  • 粕谷貴志. 生徒指導体制と組織的な取組み. 生徒指導・進路指導の理論と実際. 2019. 62-71
  • 粕谷貴志. 現代の子どもを取り巻く問題. 生徒指導・進路指導の理論と実際. 2019. 100-111
  • 粕谷貴志. 不登校の理解と対応. 生徒指導・進路指導の理論と実際. 2019. 114-125
  • 粕谷貴志. 通級による指導とは. 学級担任が進める特別支援教育の知識と実際. 2017
more...
Books (9):
  • 集団の発達を促す学級経営 小学校低学年
    図書文化社 2013
  • 公立学校の挑戦 小学校
    図書文化社 2010
  • Q-U式学級づくり 中学校
    図書文化社 2008
  • 公立学校の挑戦 中学校
    図書文化社 2007
  • 教師のコミュニケーション事典
    図書文化社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • 学級アセスメントの課題と支援
    (日本教育心理学会代60回総会研究委員会企画シンポジウム2「学校教育実践に教育心理学の研究はどのように貢献するのか?」 2018)
  • 不登校の理解と対応(コーディネーター)
    (日本教育カウンセリング学会大会(鹿児島) 2014)
  • いじめ問題のこれまで,これから(指定討論)
    (日本カウンセリング学会第46回大会準備委員会企画シンポジウム「いじめを防止する学級集団作り」 2013)
  • 被災地における教育カウンセリング(指定討論)
    (日本教育カウンセリング学会第11回大会シンポジウム「被災地における教育カウンセリング-今後の援助のあり方を求めて-」 2013)
  • 近年のいじめ問題の理解と対応(指定討論)
    (日本カウンセリング学会公開シンポジウム 2012)
more...
Education (1):
  • 1997 - 1999 Iwate University school education
Work history (14):
  • 2017/04/01 - 2017/09/30 帝塚山大学 現代生活学部 非常勤講師
  • 2013 - 関西福祉科学大学 社会福祉学研究科 非常勤講師
  • 2011 - 大阪教育大学 教育学研究科 非常勤講師
  • 2010 - 京都教育大学 教育学研究科 非常勤講師
  • 2007/10/01 - 奈良教育大学 准教授
Show all
Awards (1):
  • 2004/09 - 日本カウンセリング学会 学校カウンセリング松原記念賞
Association Membership(s) (6):
The Association of Japanese Clinical Psychology ,  Japan Society of Developmental Psychology ,  The Japanese Psychological Association ,  Japanese Society of Educational Counseling ,  The Japanese Association of Educational Psychology ,  The Japanese Association of Counseling Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page