Rchr
J-GLOBAL ID:200901065613146876   Update date: Sep. 01, 2020

Ozawa Yoshiaki

オザワ ヨシアキ | Ozawa Yoshiaki
Affiliation and department:
Job title: lecturer
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (12): Communicative Performance Measure CPM ,  intelligibility ,  comprehensibility ,  発声発語 ,  dysarthria ,  運動障害性構音障害 ,  器質性構音障害 ,  機能性構音障害 ,  構音障害 ,  言語障害 ,  リハビリテーション ,  Speech Pathology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2012 - 2013 言語聴覚士が利用できる標準失語症検査に対応した方言資料の作成
  • 2008 - 2011 Development of an evaluation tool for communication independence in daily life for people with aphasia
  • 2007 - 2008 要約筆記文の言語的・認知的特性に関する研究
  • 2004 - 2006 失調性構音障害患者のリハビリテーション効果に関する実証的研究
  • 2003 - 2005 Clarification of recovery mechanism from chronic brain dysfunction and application to treatment-EEG and NIRS as tools to monitor of brain function-
Show all
Papers (31):
more...
MISC (30):
more...
Books (3):
  • 言語聴覚士のための基礎知識 音声学・言語学 第2版
    医学書院 2020 ISBN:4260041274
  • 言語治療ハンドブック
    医歯薬出版 2017 ISBN:4263217446
  • 音声学・言語学-言語聴覚士のための基礎知識
    医学書院 2009 ISBN:4260006320
Lectures and oral presentations  (6):
  • 小児の発音の誤り -早期発見・治療の重要性-
    (広島市学校保健大会「みみ・はな・のどの集い」 2017)
  • 構音障害の指導の実際
    (福山市教職員研修「言語通級指導教室担当者養成講座」 2013)
  • Dysarthriaのある人の自己評価を加えたアプローチに向けて
    (広島県言語聴覚士会西部ブロック研修会 2013)
  • 構音障害とその指導の在り方
    (福山市教職員研修「言語通級指導教室担当者養成講座」 2012)
  • 話しことばの科学-言語聴覚士の視点から-
    (広島国泰寺高等学校サイエンス講座(文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール事業) 2012)
more...
Education (2):
  • - 1992 Sophia University
  • - 1989 Sophia University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • 修士(言語学)
Committee career (3):
  • 2014/01 - 現在 日本コミュニケーション障害学会 学術誌編集協力委員
  • - 現在 日本ディサースリア臨床研究会 審議員
  • 2012/01 - 2015/01 広島県言語聴覚士会 運営委員(学術局)
Awards (1):
  • 2003 - 日本コミュニケーション障害学会研究奨励賞
Association Membership(s) (5):
日本神経学会 ,  日本コミュニケーション障害学会 ,  日本音声言語医学会 ,  日本音声学会 ,  日本言語聴覚学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page