Rchr
J-GLOBAL ID:200901066120675906   Update date: May. 27, 2020

Kubota Hiroshi

クボタ ヒロシ | Kubota Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • 広島工業大学  工学研究科 広島工業大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻   教授
Homepage URL  (1): http://www.iis.it-hiroshima.ac.jp/~h-kubota/hp/index.html
Research field  (3): Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Library/information science, humanistic/social informatics
Research keywords  (4): 経営情報システム論 ,  品質経営システム工学 ,  Management Information System ,  Quality Management Systems Engineering
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 業績向上と競争力強化を実現する実践的マネジメント活動
  • 情報経営に関する研究
  • 品質経営のシステムと技術に関する研究
  • Study on Information Systems for Effective Management
  • Study on Systems and Methodology of Quality Management
MISC (66):
more...
Books (10):
  • 品質管理の演習問題と解説-手法編-QC検定試験3級対応
    日本規格協会 2010 ISBN:9784542503663
  • 日本情報経営学会叢書4 情報品質の研究
    中央経済出版社 2009 ISBN:9784502671708
  • 新版品質保証ガイドブック(共著)
    日科技連出版社 2009 ISBN:9784817193070
  • 日常管理の基本と実践
    日本規格協会 2008 ISBN:9784542504516
  • 日本情報経営学会叢書1 情報インターフェースの構図 Information Design
    中央出版社 2007 ISBN:9784502393501
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 見える化があなたの会社を変える
    (標準化と品質管理九州地区大会2010 2010)
  • 全員参加の全社的・総合的マネジメント技術のTQMとTPM
    (「東アジアにおける生産と技術のマネジメント」海南大学(中国海南省) 2010)
  • 見える化の基本と実践-見える化が職場と会社を変える-
    (第51回品質月間特別講演会・札幌会場 2010)
  • TQMとTPMにおける改善の方法論の統合に向けて
    (日本設備管理学会西部支部講演会 2009)
  • TQMとTPMにおける改善の方法論の統合に向けて
    (日本設備管理学会西部支部講演会 2009)
more...
Works (12):
  • IT経営力の総合評価に関する調査研究報告書ー情報・組織・環境の総合マネジメントに向けた評価と指針-日本情報処理開発協会
    2009 -
  • 「見える化」テキスト編集委員会(日本規格協会広島支部,委員長・執筆)『効果のあがる「見える化」の理論と実際』
    2008 -
  • IT経営の総合評価に関する調査研究報告書,日本情報処理開発協会
    2008 -
  • 2006品質研究会報告書(中国地区品質経営協会)(久保田洋志・井上善海編著)「みえる化(可視化)で強い組織をつくる”あなたの組織はみえていますか”
    2007 -
  • TQM因果モデル研究会報告((財)日本規格協会,主査:久保田洋志)効果的問題解決のためのTQM基本因果モデル-業績向上と競争力強化のために-
    2000 - 2001
more...
Education (4):
  • - 1968 Hiroshima University
  • - 1968 Hiroshima University
  • - 1966 Hiroshima University
  • - 1966 Hiroshima University
Professional career (2):
  • doctor of engineering (Tokyo Institute of Technology)
  • master of engineering (Hiroshima University)
Committee career (20):
  • 2008 - 品質管理学会 『新版品質保証ガイドブック』特別編集委員
  • 2005 - 2007 日本経営工学会 評議員
  • 2007 - 日本品質管理学会 JSQC選書刊行特別委員会委員
  • 2007 - 日本情報経営学会 研究プロジェクト委員会委員長
  • 2007 - 日本情報経営学会 常任理事
Show all
Awards (4):
  • 2007 - 日本機械学会教育賞
  • 2005 - 中国・四国工学協会賞
  • 2003 - 工業標準化事業功労者経済産業大臣表彰
  • 1994 - 工業標準化功労者表彰(中国通商産業局長表彰)
Association Membership(s) (7):
品質管理学会 ,  日本情報経営学会 ,  日本経営工学会 ,  日本設備管理学会 ,  経営工学会 ,  オフィス・オートメーション学会 ,  日本品質管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page