Rchr
J-GLOBAL ID:200901074854908970   Update date: Apr. 22, 2021

Tadokoro Masayuki

タドコロ マサユキ | Tadokoro Masayuki
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): International relations
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2021 国家の規模とガバナンスの学際的分析
  • 2013 - 2015 対立する国家間の経済的相互依存:緊密なシステムのヘテロ化による諸影響
Papers (49):
  • 田所 昌幸. 武器としての経済力とその限界:経済と地政学. 『新しい地政学』(東洋経済新報社). 2020. 73-115
  • 田所 昌幸. 可能性としての今 : 先人たちの予測した二〇二〇年の日本 (特集 可能性としての未来 100年後の日本). アステイオン = Αστειον. 2019. 91. 16-33
  • 田所 昌幸. グローバルガバナンスにおけるG7とG20 : 回顧と展望 (焦点 課題に直面する多国間外交と日本). 国際問題 = International affairs. 2019. 678. 6-14
  • 田所 昌幸. 保留地というコモンズの苦悩. 『社会のなかのコモンズ--公共性を超えて』(白水社). 2019. 127-150
  • TADOKORO Masayuki. Japan's economic strengths and weaknesses. Japan's World Power: Assessment, Outlook and Vision. 2018. 111-131
more...
MISC (79):
  • 田所昌幸. 米中対立での中立はありえない. ボイス. 2021. 5月号. 47-53
  • 田所昌幸. 「米中新冷戦」の性格と帰趨. 月刊経団連. 2021. 1月号. 36-37
  • ウェルチ デイヴィッド・A, ラウシュ ジョナサン, 久保 文明, エモット ビル, 田所 昌幸. 座談会 グローバルな問題への適応をめぐって. アステイオン = Αστειον. 2019. 91. 232-249
  • 冨田 浩司, 田所 昌幸. Roundtable : Will multilateralism be revived?. 外交 = Diplomacy. 2019. 55. 18-24
  • TADOKORO Masayuki. A Simmering Doubt in Tokyo. CSCAP Regional Security Outlook 2019. 2019. 15-17
more...
Books (36):
  • 素顔の現代インド
    慶應義塾大学東アジア研究所,慶應義塾大学出版会 (発売) 2021 ISBN:9784766427400
  • 新しい地政学
    東洋経済新報社 2020 ISBN:4492444564
  • 社会のなかのコモンズ:公共性を超えて
    白水社 2019 ISBN:4560096619
  • 越境の国際政治
    有斐閣 2018 ISBN:4641149240
  • Emerging Risks in a World of Heterogeneity: Interactions Among Countries with Different Sizes, Polities and Societies
    Springer 2018 ISBN:9811079676
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • The Impliacations of Donald Trump's Presidency for Japan
    (2017)
  • Multiethnic Japan? Increasing Presence of Non-ethnic Japanese in Japan
    (2016)
  • Multi-ethnic Japan
    (Japan Now Lecture Series 2016)
  • The Lost Two Decades: a reinterpretation of its implications
    (Seeking Security and Prosperity in Uncertain Times: Japan and Canada Reconsider the Pacific Century 2016)
Education (6):
  • 1979 - 1984 Kyoto University
  • - 1984 Kyoto University Political Science
  • 1981 - 1983 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)
  • - 1981 Kyoto University
  • 1975 - 1979 Kyoto University
Show all
Professional career (1):
  • PhD (Kyoto University)
Work history (10):
  • 2002/04 - 現在 Keio University Faculty of Law
  • 2016/03 - 2017/03 University of Waterloo Visiting Scholar
  • 2006/03 - 2008/03 ケンブリッジ大学 ダーウィン・カレッジ 客員研究員
  • 1997/04 - 2002/03 防衛大学校 国際関係学科 教授
  • 1996/04 - 1997/03 Himeji Dokkyo University Faculty of Law
Show all
Awards (3):
  • 2009/07 - 第29回 政治研究櫻田會奨励賞
  • 2001/12 - 第23回 サントリー学芸賞(政治・経済部門)
  • 2000/03 - 第29回 吉田茂賞
Association Membership(s) (5):
JAPAN ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL SECURITY ,  日本国際政治学会 ,  国際法学会 ,  Japan Association of International Relations ,  Japanese Society of International Law
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page