Rchr
J-GLOBAL ID:200901078700363314   Update date: Feb. 02, 2022

KOBAYASHI Akio

コバヤシ アキオ | KOBAYASHI Akio
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Nihon University  Nihon University Junior College   Deputy Dean (Funabashi Campus in Charge)
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/site/kobayashilab2010/
Research field  (6): Civil engineering (materials, implementation, construction management) ,  Civil engineering (environmental systems) ,  Social-ecological systems ,  Disaster prevention engineering ,  Environmental load/risk assessment ,  Hydroengineering
Research keywords  (16): motion ,  Mooring ,  floating structure ,  Port and harbor Engineering ,  Tsunami ,  overtopping ,  Storm surge ,  Coast disaster prevention ,  Shoreline survey ,  Beach topographical observation ,  Beach change ,  Beach nourishment ,  Sediment transport ,  Shore protection facilities ,  Coastal wave dynamics ,  Coastal Engineering, Ocean Wave Mechanism
Research theme for competitive and other funds  (27):
  • 2018 - 2019 東京湾最大の自然島の猿島における近年の海浜変形に関する調査研究
  • 2016 - 2017 ダム堆砂の養浜材としての活用法調査
  • 2016 - 2017 沿岸域の持続的利用に関する調査研究
  • 2014 - 2015 沼川新放水路水理模型実験
  • 2014 - 2015 沿岸岸域の持続的開発利用に資する技術開発のあり方に関する調査研究
Show all
Papers (194):
  • 横田拓也,小林昭男,宇多高明,星上幸良,野志保仁. 稲毛海岸における養浜後の地形変化観測と再現計算. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2021. 77. 2. I_325-I_330
  • 関根雅人,小林昭男,宇多高明,野志保仁,芹沢真澄. 全方位から波の作用を受ける砂でできた円形島の変形予測. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2021. 77. 2. I_337-I_342
  • 高橋紘一朗,小林昭男,宇多高明,野志保仁. 作用波高の大小に起因する海浜植生帯の分布域の変化. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2021. 77. 2. I_547-I_552
  • Takuya Yokota, Akio Kobayashi, Takaaki Uda, Masumi Serizawa, Yasuhito Noshi, Atsunari Katsuki. MODEL FOR PREDICTING 3-D BEACH CHANGES UNDER COMPOUND ACTIONS OF WAVES AND WIND. Coastal Engineering 2020. 2020. 36. 1-12
  • 目野 玄也・小林 昭男・宇多 高明・野志 保仁. Deep-learningを用いた海浜変形診断システム. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2020. 76. 2. I_481-I_486
more...
MISC (3):
  • 小林昭男. 海岸の侵食対策と修復. ベース設計資料 土木偏. 2018. 176. 21-23
  • 小林昭男. 沿岸地域での構造物の安全性. ベース設計資料 土木偏. 2011. 150. 23-25
  • Akio Kobayashi, Yutaka Tamura, Koichi Masuda, Masaaki Sakuta, Wataru Kato. A Study on the Hydrodynamic Forces Acting on the Offshore Structure in Earthquake. Ocean Space Utilization '85. 1985. 1. 369-376
Books (10):
  • 海洋建築の計画・設計事例
    丸善出版株式会社 2020 ISBN:9784818924819
  • 沿岸域工学の基礎
    技報堂出版株式会社 2019 ISBN:9784765518628
  • 海洋空間を拓く メガフロートから海上都市へ
    成山堂書店 2017 ISBN:9784425562015
  • 沿岸域総合管理入門
    東海大学出版会 2016 ISBN:9784486020943
  • 東日本大震災合同調査報告書 建築編5 建築基礎構造/津波の特性と被害
    丸善出版 2015 ISBN:9784818920415
more...
Lectures and oral presentations  (203):
  • 海岸での海水浴利用客分布の測定法
    (日本沿岸域学会討論会2021 2021)
  • 犬吠崎に隣接する君ヶ浜海岸の変遷
    (日本沿岸域学会討論会2021 2021)
  • 千葉県勝浦市興津地区の津波避難リスクに関する調査
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 海洋建築部会 2019)
  • 波向変動波浪場における護岸端部での侵食機構の解明
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 海洋建築部会 2019)
  • ディープラーニングを用いた海浜変形診断
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 海洋建築部会 2019)
more...
Education (2):
  • - 1985 Nihon University 海洋建築
  • - 1979 Nihon University 建築
Work history (5):
  • 2006/04 - 現在 Nihon University Department of Oceanic Architecture and Engineering, CST Professor
  • 2017/09 - 2020/08 日本大学 短期大学部船橋校舎 次長
  • 2003/04 - 2006/03 日本大学 理工学部海洋建築工学科 Associate Professor
  • 1999/04 - 2003/03 日本大学 理工学部海洋建築工学科 専任講師
  • 1985/04 - 1999/03 大成建設(株) 土木設計部および技術研究所
Committee career (39):
  • 2021/04 - 現在 日本海洋工学会 会長
  • 2020/11 - 現在 神奈川県 港湾審議会会長
  • 2010/04 - 現在 日本海洋工学会 理事
  • 2007/04 - 現在 市原市 建築審査会委員
  • 2004/04 - 現在 日本建築学会 海洋建築本委員会委員
Show all
Awards (4):
  • 2013/07 - 日本沿岸域学会論文賞 粗粒材養浜後の円磨度の変化とすりへり試験
  • 2013/07 - 日本海洋工学会JAMSTEC中西賞 粗粒材養浜後の円磨度の変化とすりへり試験
  • 2008/07 - 日本沿岸域学会出版・文化賞 海と海洋建築
  • 2005/07 - 日本沿岸域学会論文賞 近世における九十九里浜の形成と変形
Association Membership(s) (7):
Pacific Congress on Marine Science and Technology ,  Japan Concrete Institute ,  日本船舶海洋工学会 ,  水産工学会 ,  Japan Society of Civil Engineers ,  Japanese Association of Coastal Zone Studies ,  Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page