Rchr
J-GLOBAL ID:200901083036050200   Update date: Aug. 22, 2021

Kanamori Tsuyoshi

カナモリ ツヨシ | Kanamori Tsuyoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://drkin.web.fc2.com/
Research field  (1): Commerce
Research keywords  (6): マーケティング戦略 ,  マーケティング管理 ,  マーケティングコミュニケーション ,  ブランド ,  ネットコミュニティ ,  Virtual Community
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2012 - 2013 参加型マーケティングのブランディンク効果:ネットコミュニティの活用
  • 2009 - 2012 Innovation Analysis on Digital Money As Social Information Services
  • 2009 - 2011 The Role of the Virtual Community in Health Behavior Modification
Papers (25):
  • 江口隆夫, 金森剛. 社会起業のビジネスモデルとデジタルトランスフォーメーションの展開. 相模女子大学社会起業研究科『社会起業研究』. 2021. 1. 12-26
  • 金森剛, 松川奈央子. 起業物語の経路依存性. 相模女子大学社会起業研究科『社会起業研究』. 2021. 1. 27-40
  • 金森 剛. 大学院関心度を規定する自己効力感とその促進要因としての物語. 人間社会研究. 2020. 17. 39-50
  • 金森 剛. 女子大ブランド物語評価に関するライフスタイル・セグメンテーションの有効性. 人間社会研究. 2019. 16. 57-70
  • Impressions and empathy vis-a-vis brand narratives for women's universities. 2018. 81
more...
MISC (10):
  • 金森剛. 起業分野の専門職大学院に聞く実務家教員の採用基準とは?. 月刊先端教育. 2021. 23. 62-63
  • 金森剛. Be a Change Agent:社会起業家の有用性. 相模女子大学社会起業研究科『社会起業研究』. 2021. 1. 1-2
  • 金森剛. ALOを経験して. 一般社団法人短期大学基準協会『JACA NEWS LETTER』. 2019. 83. 5-6
  • 金森剛. 「物語」が共感を生み出す、コモディティ時代の処方箋、求められるのはブランドへの共感. 『宣伝会議』. 2018. 926. 12-15
  • 金森 剛. 大学の地域連携の3つの視点 (特集 人間社会学部における地域連携の取組み : これまでとこれから). 人間社会研究. 2018. 15. 3-9
more...
Books (10):
  • 共感ブランド : 場と物語がつくる顧客参加の仕組み = Empathy brand : community, narrative and customer participation
    白桃書房 2014 ISBN:9784561662105
  • マーケティングの理論と実際 : 基礎理論から参加型マーケティング構築まで
    晃洋書房 2012 ISBN:9784771023253
  • 経営行動科学ハンドブック
    中央経済社 2011
  • ネットコミュニティの本質
    白桃書房 2009 ISBN:9784561661856
  • 家族・都市・村落生活の近現代
    慶應義塾大学出版会 2009 ISBN:9784766416015
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • マーケティング研究におけるテキストマイニングの応用
    (経営行動科学学会 理論・方法部会研究会(九州大学・伊都キャンパス) 2019)
  • 交通系ICカードの採用スピードと企業ブランド評価
    (経営情報学会2010年春季全国研究発表大会(東京工業大学) 2010)
  • ダイエット行動の習慣化と所属集団の効果
    (日本消費者行動研究学会第40回消費者行動研究コンファレンス(駒澤大学) 2010)
  • 健康行動とネットコミュニティ
    (日本消費者行動研究学会第38回消費者行動研究コンファレンス(慶應義塾大学) 2009)
  • ネットコミュニティの活用度と接触頻度の構造
    (日本マーケティング・サイエンス学会第74回研究大会(電通本社) 2003)
more...
Education (3):
  • 2001 - 2007 University of Tsukuba
  • 1987 - 1989 University of Tsukuba
  • 1980 - 1984 Keio University
Professional career (3):
  • Ph.D. in Business Administration (University of Tsukuba)
  • MA in Economics (University of Tsukuba)
  • BA in Sociology (Keio University)
Work history (5):
  • 2008/04 - 現在 Sagami Women's University
  • 2005/04 - 2017/03 Senshu University School of Business Administration
  • 2009/04 - 2015/09 Hosei University
  • 1984/04 - 2007/11 株式会社野村総合研究所 ビジネスイノベーション事業部、同ヘルスケアイノベーション事業部 事業部長
  • 2004/03 - 2005/04 日本橋学館大学 人文経営学部 非常勤講師
Committee career (10):
  • 岐阜市・豊岡市 人と社会をつなぐ地域健康づくり活性化協議会委員
  • 岐阜市 「健康クラウドシステム開発業務」に係る業務実施候補者審査委員会委員
  • 新潟市 新潟ライフスタイル型健康づくりプロジェクト協議会委員
  • 相模大野交流会 幹事
  • 神奈川県 県立元石川高等学校評議員、学校運営協議会委員(元石川高等学校)
Show all
Association Membership(s) (5):
経営情報学会 ,  日本消費者行動研究学会 ,  日本マーケティング・サイエンス学会 ,  日本マーケティング学会 ,  経営行動科学学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page