Rchr
J-GLOBAL ID:200901085983169450   Update date: Jan. 12, 2023

Ichihara Hisako

イチハラ ヒサコ | Ichihara Hisako
Affiliation and department:
Job title: Postdoc
Research field  (1): Evolutionary biology
Research keywords  (7): 情報学 ,  配列解析 ,  分子進化学 ,  バイオインフォマティクス ,  Protein Engineering ,  Molecular Evolution ,  Biological Science
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2019 - 2022 セマンティックウェブ技術を用いた遺伝素材の交配・解析系統の選定を支援するシステム
  • 2009 - 2011 ヒト赤血球microRNAによるマラリア感染機構の調節
  • 2007 - 2009 情報科学的アプローチによるタンパク質間のソフトな相互作用の解析法及び予測法の開発
  • 2005 - 2007 情報科学的アプローチによるタンパク質間のソフトな相互作用の解析法及び予測法の開発
  • Extraction of the Information about Biological function by the analysis of the protein interactions.
Show all
Papers (9):
MISC (28):
  • 市原 寿子, 平川 英樹, 山田 学, 小原 光代, 山下 サマッチャヤー, 白澤 沙知子, 戸田 陽介, 中村 保一, 七夕 高也, 田畑 哲之, et al. 植物ゲノム情報ポータルサイト「Plant GARDEN」の改訂(2022年度・第2四半期版). トーゴーの日2022. 2022. 1
  • 市原寿子, 平川英樹, GHELFI A., 小原光代, 山田学, 田村卓郎, 中谷明弘, 中村保一, 白澤沙知子, 杉原英志, et al. Improvement of a plant genome information portal site, Plant GARDEN (2021・Q4 ver). 育種学研究. 2022. 24
  • 市原寿子, 平川英樹, GHELFI Andrea, 小原光代, 山田学, 田村卓郎, 中谷明弘, 中村保一, 白澤沙智子, 杉原英志, et al. How to use the plant genome portal site “Plant GARDEN. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2021. 44th
  • 市原寿子, 小原光代, 山田学, GHELFI A., 平川英樹, 白澤沙知子, 田村卓郎, 杉原英志, 中村保一, 中谷明弘, et al. Improvement of a plant genome information portal site, Plant GARDEN (2020, Q4 ver). 育種学研究. 2021. 23
  • 市原寿子, 原田大士朗, ゲルフィ アンドレア, 小原光代, 山田学, 白澤沙知子, フォーセット ジェフリー, 田村卓郎, 杉原英志, 中谷明弘, et al. 植物ゲノム情報ポータルサイトPlant GARDENの正規版公開. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2020. 43rd
more...
Books (4):
  • 実験医学増刊 今日から使える!データベース・ウェブツール 達人になるための実践ガイド100 内藤雄樹/編
    羊土社 2014 ISBN:9784758103435
  • Prostaglandin D Synthase - A Multitude of Biological Functions.
    Research Signpost 2007
  • バイオインフォマティクス事典 日本バイオインフォマティクス学会/編
    共立出版 2006
  • 実験医学別冊 注目のプロテオミクスの全貌を知る -最新手法とその応用成果- 磯辺俊明・高橋信弘/編
    羊土社 2002
Lectures and oral presentations  (6):
  • 植物統合データベースPGDBJ(Plant Genome DataBase Japan)の構築
    (園芸学会平成28年度春季大会小集会 2016)
  • Plant Genome DataBase Japan(PGDBj)-植物統合DB 2013年度版の紹介-
    (第55回日本植物生理学会大会 シンポジウム「データベース講習会」 2014)
  • ゲノム情報に基づく植物データベースの統合
    (第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会 シンポジウム「バイオインフォマティクス講習会」 2013)
  • 統合化推進プログラム-ゲノム情報に基づく植物データベースの統合-
    (第54回日本植物生理学会大会 シンポジウム「データベース講習会」 2013)
  • ゲノムを護るタンパク質のバイオインフォマティクス
    (福岡歯科大学 学術フロンティア研究シンポジウム 2007)
more...
Education (2):
  • - 2000 Nara Institute of Science and Technology Graduate School of Biological Sciences Department of Molecular Biology
  • - 2000 Nara Institute of Science and Technology Division of Molecular Biology
Professional career (1):
  • Master of Biological Science (Nara Institute of Science and Technology)
Work history (14):
  • 2017/04 - 現在 Osaka University
  • 2012/04 - 2017/03 Kazusa DNA Research Institute
  • 2011/04 - 2012/03 Rikkyo University Department of Life Science, College of Science
  • 2010/04 - 2012/03 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
  • 2008/04 - 2010/03 Kyushu University Medical Institute of Bioregulation
Show all
Association Membership(s) (5):
JAPANESE SOCIETY OF BREEDING ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE ,  日本分子生物学会 ,  Japan Society for Cell Biology ,  The Molecular Biology Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page