Rchr
J-GLOBAL ID:200901086519908816   Update date: Apr. 23, 2019

Matsui Taeko

マツイ タエコ | Matsui Taeko
Affiliation and department:
Research field  (3): Social welfare ,  Gerontological and community health nursing ,  Gerontological and community health nursing
Research keywords  (9): チームアプローチ ,  在宅療養高齢者 ,  在宅看護 ,  看護 ,  approach ,  Team ,  care ,  Home ,  Nursing
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2016 - 2018 在宅療養高齢者に対する生活の質向上のためのチームアプローチ自己評価指標の有用性
  • 2013 - 2016 在宅療養高齢者に対する生活の質向上のためのチームアプローチ自己評価指標の開発
  • 2013 - 2016 在宅療養高齢者に対する生活の質向上のためのチームアプローチ自己評価指標の開発
  • 2010 - 在宅高齢者ケアにおける居宅介護支援事業所、訪問看護事業所、訪問介護事業所のチームアプローチに関連する要因分析-事業所の管理・運営および経営状況に焦点を当てて-
  • 2007 - 2009 社会福祉実践における意思決定過程に関する実証的研究-葛藤経験の現象学的分析-
Show all
Papers (21):
MISC (3):
  • 松井妙子, 綾部貴子, 原田由美子, 鳥海直美. 在宅高齢者ケアにおける訪問看護事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所のチームアプローチに関連する要因分析-事業所の管理・運営および経営状況に焦点をあてて-. 大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集. 2011. 24. 99-108
  • 松井妙子. 在宅高齢者終末期における訪問看護職、訪問介護職、介護支援専門職がチーム活動を行う上で経験する葛藤とその対処過程-チーム活動に関するグループインタビューの質(現象学)的分析から-. 社会福祉実践における意思決定過程に関する実証的研究-葛藤経験の現象学的分析-研究報告書(予稿集). 2010
  • 松井 妙子, 綾部貴子, 畑吉節未, 宮武伸行. 在宅療養高齢者に対する生活の質向上のためのチームアプローチ自己評価指標の開発. 科学研究費助成事業 研究成果報告書
Books (8):
  • 第2版 事例で学ぶ看護課程PART1,在宅看護学領域における看護過程の展開の特徴
    学研メディカル秀潤社 2014 ISBN:9784780911466
  • 第2版 事例で学ぶ看護課程PART2,在宅酸素療法を受けている患者の看護
    学研メディカル秀潤社 2014 ISBN:9784780911473
  • 新たな社会福祉学の構築 白澤政和教授退職記念論集
    中央法規 2011 ISBN:9784805834473
  • 事例で学ぶ看護過程Part1
    学習研究社 2006
  • 事例で学ぶ看護過程Part2
    2006
more...
Lectures and oral presentations  (88):
  • 訪問看護師の連携の自己評価の実際
    (第23回日本在宅ケア学会学術集会 2018)
  • 居宅介護支援事業所に従事する介護支援専門員の職業的アイデンティティの単純集計結果
    (日本ケアマネジメント学会第17回研究大会in北海道 2018)
  • 訪問看護師の訪問介護職と介護支援専門員とのチームアプローチ実践指標の再テスト法による信頼性の検討
    (日本看護科学学会学術集会 2017)
  • 居宅介護支援・訪問看護・訪問介護のトランスディシプリナリーアプローチに関する研究
    (第22回日本在宅ケア学会学術集会 2017)
  • 訪問看護・訪問介護・居宅介護支援事業所従事者の職業的アイデンティティの構造
    (第22回日本在宅ケア学会学術集会 2017)
more...
Education (5):
  • - 1999 Osaka City University
  • - 1999 Osaka City University
  • - 1992 Osaka City University
  • - 1992 Osaka City University Department of Economics
  • - 1975 Osaka University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (10):
  • 2019/04 - 現在 Kagawa University
  • 2019/04 - 現在 Suzuka University of Medical Science
  • 2007/06 - 2019/03 Kagawa University Faculty of Medicine Professor
  • 2014/04 - 2016/03 Kagawa University School of Nursing, Faculty of Medicine
  • 2012/05 - 2014/03 Kagawa University School of Nursing, Faculty of Medicine
Show all
Association Membership(s) (7):
日本看護協会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本在宅ケア学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本地域看護学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page