Rchr
J-GLOBAL ID:200901089319695671   Update date: Oct. 22, 2021

Tada Mitsuo

タダ ミツオ | Tada Mitsuo
Research field  (1): Civil engineering (planning and transportation)
Research keywords  (7): 海事史 ,  海難事故防止 ,  ヒューマンエラー ,  商船学・海上交通 ,  Coastal Oceanograghy ,  Ship safety Engineering ,  Maritime Law
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • A study of the structures of the Density-driven current in the open sea and strait system.
  • A Study of the Marine Traffics on the Kurushima Kaikyo
  • 船舶の海難事故防止、海事史、瀬戸内海の海上交通と航行環境、ヒューマンエラー軽減策、灘・海峡システム
Papers (20):
more...
MISC (92):
  • 小川 元之進, 多田 光男. BRM研修の実験実習への導入の試行. 日本高専学会第26回年会講演会論文集. 2020. 71-72
  • 多田 光男, 筒井 壽博, 田辺 光, 中西 柊斗, 山崎 哲久, 福間 眞澄. 木炭キャパシタを活用した離島環境改善への活用事例調査. 日本高専学会第26回年会講演会講演論文集. 2020. 11-12
  • TADA Mitsuo. Implementation of the Remote Classes Between Maritime Colleges (Taking the ship health supervisor "Special lecture" as an example). The 13th International Symposium on Adovances in Technology Education 2019. 2019
  • 多田 光男. 納豆菌の水質浄化作用に関する調査 (市販品の比較を例に). 日本高専学会第25回年会講演会講演論文集. 2019. 49-50
  • TADA Mitsuo. National Institute of Technology, Yuge College. Navigation. 2019. 207号. 39-45
more...
Books (8):
  • 第11版海事法
    海文堂出版株式会社 2020
  • 六訂版航海学(上巻)
    成山堂書店 2018 ISBN:9784425420162
  • 新訂船舶安全学概論
    成山堂書店 2018 ISBN:9784425352548
  • 海事法第10版
    海文堂 2017 ISBN:9784303238780
  • 五訂版航海学(下巻)
    成山堂書店 2012
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • 木炭キャパシタを活用した離島環境改善への適用事例調査
    (日本高専学会第26回年会講演会 2020)
  • Historical Change in Way of Passing of the Kurushima Channel
    (2018)
  • 納豆菌の水質浄化作用の基礎実験
    (日本高専学会第24回年会講演会講演論文集 2018)
  • 江戸時代の弓削騒動とその後の調査
    (日本高専学会第22回年会講演会講演論文集 2016)
  • 海上ブイに適した衛星データ通信用アンテナ設置機構
    (電子情報通信学会2016年総合大会講演論文集 2016)
more...
Works (37):
  • 納豆菌の水質浄化作用に関する調査
    多田 光男ほか 2017 - 2019
  • マリンエンジニアリング学会・海洋浮遊ゴミの処理システムに関する調査研究委員会委員
    2011 -
  • マリンエンジニアリング学会・海洋浮遊ゴミの処理システムに関する調査研究委員会委員
    2010 -
  • 琵琶湖・沖島通船のボランティア支援に関する研究
    2010 -
  • 琵琶湖・沖島通船のボランティア支援に関する研究
    2009 -
more...
Education (1):
  • - 1984 Chuo University
Professional career (1):
  • 博士(情報工学) (九州工業大学)
Work history (6):
  • National Institute of Technology, Yuge College
  • National Institute for Sea Training
  • National Institute of Technology, Yuge College
  • National Institute of Technology, Yuge College
  • 練習船弓削丸二等航海士兼務
Show all
Committee career (1):
  • 2008 - 2019 日本高専学会評議員(2009-2010)、日本高専学会論文査読委員(2008、 2010)、日本航海学会評議委員(2010-2017)、日本航海学会論文査読委員(2009-2020)、上島町旅客船業者選定委員会委員(2010)、高等専門学校機関別認証評価委員会評価部会委員(2016)、生名フェリー新造船建造業者選定委員会委員(2018)、日本機械学会技術と社会部門講演会実行委員(2018)、愛媛県立弓削高等学校評議委員(2017-2020)
Association Membership(s) (3):
日本工学教育協会 ,  日本高専学会 ,  日本航海学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page