Rchr
J-GLOBAL ID:200901089818948220   Update date: Jan. 13, 2021

Hara Hiromi

Hara Hiromi
Papers (7):
MISC (8):
  • 半澤 惠. Functional Anatomy and Physiology of Domestic Animals third edition William O. Reece 著 Chapter7 Muscle (明解 ほ乳類と鳥類の生理学 第三版 第7章 筋肉). 2006
  • 原 ひろみ. ウマ赤血球幹細胞のin vitro成熟培養法に関する研究. 平成11年度大学院高度化推進費研究成果報告書(要旨)(研究科内順位3)文部省P.1-7. 2000
  • 原 ひろみ. ウマ赤血球幹細胞のin vitro成熟培養法に関する研究. 平成10年度大学院高度化推進費研究成果報告書(要旨)(研究科内順位3)文部省P.10-11. 1999
  • 原 ひろみ. ウマ赤血球幹細胞のin vitro成熟培養法に関する研究. 平成9年度大学院高度化推進費研究成果報告書(要旨)(研究科内順位3)文部省P.8-9. 1998
  • 原 ひろみ. ニホンウズラにおけるマクロファージのマイト?ジェン刺激による形態学的、免疫学的研究. 平成9年度東京農業大学プロジェクト研究報告、一般プロジェクト研究(採択番号46)東京農業大学P.152-156. 1998
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • ニホンウズラ血液性状とコクシジウム感染との関連性
    (日本家禽学会 2010)
  • 正常血漿中IgG濃度低および中高2群のニホンウズラの血球数および腸内細菌叢の解析
    (日本畜産学会 第105回 大会 2005)
  • 抗ニホンウズラCD8ペプチド抗体によるFACS解析
    (日本家禽学会 2005)
  • Change of leukocytes and IgG level by PG and LPS immunization in Japanese quail
    (8th Avian Immunology Research Group Meeting 2004)
  • ニホンウズラおよびホロホロチョウのToll-like receptor2遺伝子のシークエンス解析
    (日本家禽学会秋季大会 2003)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page