Rchr
J-GLOBAL ID:200901091480013771   Update date: Apr. 03, 2018

Naoko Inoue

Naoko Inoue
Affiliation and department:
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (19): Training ,  Technique ,  Supportive ,  Psychodynamic/Psychoanalytic ,  Case Formulation ,  Intake ,  Group psychotherapy ,  Individual psychotherapy ,  Clinical Psychology ,  支持的 ,  障碍 ,  訓練 ,  面接技法 ,  共感的理解 ,  インテーク面接 ,  集団精神療法 ,  個人心理療法 ,  精神分析的 ,  力動的
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2001 - 2002 心の教育のための教師トレーニングプログラムの開発(共同研究)<基盤研究(C)No.13610164>
  • 1998 - 1999 心の教育のための教師トレーニングプログラムの開発(共同研究)<基盤研究(C)No.10610139>
  • 1992 - 1994 集団精神療法効果研究
  • 1989 - 1993 広島県教育委員会 教職員研修プログラム開発・実践研究エンカウンターグループ導入5ヵ年プロジェクト
  • 集団力動的視点を取り入れた教授法
Show all
Papers (23):
  • 浅原 千鶴, 山口 一, 井上 直子. 青年期の甘えの諸相 - 親密性と個人志向性の否定的側面 -. 2016
  • 森田 美雪, 井上 直子. 大学生の友人関係における自己開示の深さと自己開示抑制の理由の関連 -親しさの違いと性差に着目して-. 桜美林大学心理学研究. 2015. 5
  • The Relationship between Self-handicapping and Individual Traits of University Students in Consideration of Sex Difference: Focus on Self-esteem, Stability of Self-concept and Trait Anxiety. 2015. 5
  • 初心者の普遍性、ケース理解、そしてセラピストへのメッセージ. 『臨床相談研究所紀要』. 2013. 17. 31-34
  • Bret Boyer A. The Japanese Concept of Amae: A Cross Cultural Analysis Regarding the Ability to Accept Help. SCI Psychosocial Process. 2009. 22. 1. 11-15
more...
Books (6):
  • 臨床心理学30章
    日本文化科学社 2006
  • Basic Terms of Group Psychotherapy
    2003
  • Group Therapeutic Approach: A way of continuing the Therapy Group and Study Group
    1994
  • Student Counseling: Practice, Theorization and Tasks
    1994
  • Study of Psychological Interview: Basis on Psychotherapy Techniques
    1993
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • 大学生の就職活動における先延ばし行動克服のプロセスの質的研究
    (日本心理臨床学会 第36回大会 2017)
  • 大学生の友人関係と信頼感および孤独感との関連について
    (日本心理臨床学会 第36回大会 2017)
  • 大学生における自己愛傾向とソーシャルサポートの入手-提供の互恵性および感情状態との関連について
    (日本心理臨床学会 第36回大会 2017)
  • 青年期の自己愛傾向と依存性および自己対象体験との関連
    (日本心理臨床学会 第36回大会 2017)
  • 青年期の自己志向的完全主義傾向が抑うつに及ぼす影響
    (日本心理臨床学会 第35回 秋季大会 2016)
more...
Works (7):
  • コラム「障害者のメンタルヘルス」
    2017 -
  • Psychoanalytic Case Formulation
    2006 -
  • Applying Psychodynamic Concepts to the Group Treatment of Challenging Patient
    2003 -
  • 「書評」書評特集:今年の注目!私のBooks & Papers5
    2003 -
  • Correlating Mental Activity and Neural Network Function
    1993 -
more...
Professional career (2):
  • 教養学士 (国際基督教大学)
  • 教育学修士(臨床心理学) (国際基督教大学大学院 博士前期課程)
Work history (12):
  • 2010/04 - 現在 Professor
  • 2003/04 - 現在 社会福祉法人 横浜共生会 心理療法士
  • 2002/04 - 2010/03 Associate Professor
  • 2007/09 - 2008/08 Widener大学 Institute for Graduate Clinical Psychology Visiting Professor
  • 2003/10 - 2004/03 Lecturer
Show all
Committee career (5):
  • 2014/04 - 2016/03 日本健康心理学会 第28回大会 大会準備委員
  • 2007 - 2010 日本プレイセラピー協会 監事
  • 1997/09 - 1998/08 国際力動的心理療法研究会 第4回年次大会 大会会長
  • 1992/04 - 1994/03 日本集団精神療法学会 集団療法点数化対策委員会 委員
  • 1991/04 - 1992/03 日本集団精神療法学会 第9回大会 大会実行委員(渉外・プログラム委員長)
Association Membership(s) (6):
日本精神分析学会 ,  日本健康心理学会 ,  国際力動的心理療法研究会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理学会 ,  日本集団精神療法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page