Rchr
J-GLOBAL ID:200901093015985980   Update date: May. 06, 2020

Ohta Shoichi

オオタ ショウイチ | Ohta Shoichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Anesthesiology ,  General surgery, pediatric surgery ,  Internal medicine - General
Research keywords  (4): 外傷学 ,  救急集中治療医学 ,  traumatology ,  emergency and critical medicine
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 救急医療における遠隔指示・支援システム
  • 遠隔医療に関する研究
  • 救急医学教育に関する研究
  • 重症救急患者の治療・予後に関する研究
  • Study on telemedicine
Show all
MISC (194):
  • 『Dear Doctor』トークショー:ゆらぐ「ホンモノとニセモノ」の壁. 週刊医学会新聞. 2009. 2833. 4
  • 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言 「ひとが好き、人の和が大事」の巻. Emergency Care. 2009. 22. 12. 2-4
  • 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言 「映画作りも医療も大事なのはチームワーク」の巻. Emergency Care. 2009. 22. 7. 2-3
  • 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言 「私と救急【後編】」の巻. Emergency Care. 2009. 22. 2. 2-3
  • 救急医療のススメ 現状を生き抜くための12の格言 「私と救急【前編】」の巻. Emergency Care. 2009. 22. 1. 6-8
more...
Books (41):
  • 「本物」の医療者とはなにか-映画『ディア・ドクター』が教えるもの
    へるす出版 2009
  • 蘇生にまつわる社会的・精神的要素 QT延長 横紋筋融解症 メトヘモグロビン血症 トライエージ DOA 救急医療システム ジャンプスタート
    荘道社 救急医医療の基本と実際 精神・中毒・災害 2007
  • CPR+AEDコースマニュアル
    医学書院 2007
  • 救急救命士標準テキスト
    へるす出版 2007
  • スポーツファースドエイドマニュアル -ケガの応急処置から蘇生法の実際-
    文光堂 2007
more...
Works (2):
  • 高度な救急業務の遠隔地支援システムの構築に関する調査研究
    2000 - 2002
  • 加速度脈波のカオスによる脳死に陥る予後判定に関する臨床研究
    2000 - 2001
Education (2):
  • - 1988 Tokyo Medical University
  • - 1988 Tokyo Medical University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Committee career (5):
  • 2010 - 日本外傷学会 評議員
  • 2010 - 日本組織移植学会 評議員
  • 2010 - 日本臨床救急医学会 理事・評議員
  • 2010 - 日本プライマリケア学会 評議員
  • 2010 - 日本救急医学会 理事・評議員
Association Membership(s) (9):
日本蘇生学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  日本外傷学会 ,  日本組織移植学会 ,  日本臨床救急医学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本プライマリケア学会 ,  日本内科学会 ,  日本救急医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page