Rchr
J-GLOBAL ID:200901096114713932   Update date: May. 05, 2020

Tsubaki Tatsuya

ツバキ タツヤ | Tsubaki Tatsuya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Economic history ,  History - Europe/America
Research keywords  (4): 都市計画 ,  住宅 ,  Town Planning ,  Housing
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2010 - 2013 現代ヨーロッパの都市と住宅にかんする歴史的研究-田園都市からニュータウンへ-
  • 2002 - 2006 近代イギリスにおける「公共圏」・中間団体・権力
  • 2002 - 2005 西欧福祉社会の形成と展開
  • 1998 - 2004 英国都市の近代化と再開発 1945-1970 -ロンドン・シティーを中心にして-
  • 1998 - Urban Modernization and Redevelopment in post-war Britain, with particular reference to the City of London 1945-1970
Show all
Papers (11):
  • Tatsuya Tsubaki. 'Model for a short-lived future'? Early tribulations of the Barbican redevelopment in the City of London, 1940-1982. PLANNING PERSPECTIVES. 2012. 27. 4. 525-548
  • 大戦間期イギリスの住宅改革と公的介入政策-郊外化の進展と公営住宅の到来-. 中京大学経済学論叢. 2007. 18. 79-122
  • Experts, voluntary organisations and the government: politics of housing in Britain during the Second World War. 平成14-17年度科学研究費補助金基盤研究(A)(1)研究成果報告書「近代イギリスにおける「公共圏」・中間団体・権力」. 2006. 115-143
  • 第二次世界大戦後ロンドンにおける住宅政策の展開-スラムクリアランスの諸問題を中心にして-. 平成14-16年度科学研究費補助金基盤研究(B)(1)研究成果報告書「西欧福祉社会の形成と展開」. 2005. 21-31
  • Tatsuya Tsubaki. Modernist planning and post-war British housing: the Barbican redevelopment in the City of London, 1950-1975. Discussion Paper Series Institute of Economics Chukyo University. 2004. 0403. 1-27
more...
MISC (5):
  • 慶應義塾大学出版会. キャスリーン・バーク編『オックスフォードブリテン諸島の歴史11 20世紀 1945年以後』(共訳). 2014
  • マーク・クラプソン著「都市と農村のあいだ-20世紀イングランドにおける郊外化とその批判者たち-」(共訳). メトロポリタン史学. 2008. 4. 143-155
  • 椿 建也. 現代-イギリス(回顧と展望). 史学雑誌. 2006. 115. 5. 367-372
  • ピーター・クラーク著『イギリス現代史1900-2000』(共訳). 名古屋大学出版会. 2004
  • Visions and Realities of Popular Housing Provision in Britain in the 1940s, with particular reference to Portsmouth and Coventry. Socio-Econonic History. 1995. 61. 1. 1-20
Books (2):
  • 『イギリス住宅政策史研究1914~45年-公営住宅の到来と郊外化の進展-』
    勁草書房 2013 ISBN:9784326549603
  • 大野誠編『近代イギリスと公共圏』
    昭和堂 2009 ISBN:9784812209301
Lectures and oral presentations  (8):
  • イギリス両大戦間の住宅と社会-公営住宅の到来と郊外化の進展-
    (中京大学経済学部附属経済研究所2012年度特別セミナー「1920~1930年代のヨーロッパにおける都市と住宅」 2012)
  • 19世紀半ばから第二次世界大戦までのイギリスにおける住宅改革運動
    (成城大学経済研究所ミニ・シンポジウム 2010)
  • "From Blitz to City Ritz": the City of London and the Barbican redevelopment, 1940-1975
    (The Blitz and Its Legacy Conference (University of Westminster) 2010)
  • "Model for a short-lived future": the genesis of the Barbican estate in the City of london, 1940-1975
    (11th International Planning History Conference 2004)
  • 大戦間期イギリスにおける住宅改革と公的介入政策(パネル・ディスカッション「西欧における住宅改革の比較史的考察-19世紀半ばから20世紀半ばまで-」)
    (社会経済史学会第73回全国大会 2004)
more...
Education (6):
  • 1986 - 1995 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程
  • - 1995 Keio University
  • 1986 - 1993 英ウォーリック大学大学院社会史研究所
  • 1984 - 1986 Keio University
  • 1979 - 1984 Keio University
Show all
Professional career (2):
  • Ph.D.in Social History (University of Warwick (Great Btitain))
  • (BLANK)
Work history (7):
  • 2006/04 - 現在 Chukyo University School of Economics
  • 1997/04 - 2006/03 Chukyo University School of Economics
  • 1995/04 - 1997/03 Chukyo University School of Economics
  • 1994/04 - 1995/03 Keisen University
  • 1994/04 - 1995/03 Sagami Women's University
Show all
Association Membership(s) (3):
Society for the Study of Modern History ,  THE JAPANESE SOCIETY OF WESTERN HISTORY ,  THE SOCIO-ECONOMIC HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page