Rchr
J-GLOBAL ID:201101034269010086   Update date: Oct. 19, 2021

Fukuda Kazuaki

フクダ カズアキ | Fukuda Kazuaki
Affiliation and department:
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (5): 看護基礎教育 ,  看護診断 ,  慢性病看護 ,  重症患者家族のニーズ ,  クリティカルケア看護
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2019 標準化された看護実践分類を用いた電子看護記録の質評価に関する研究
  • 2016 - 標準化された看護実践分類を用いた電子看護記録の質評価に関する研究
  • 2011 - 2015 わが国における看護支援システムの評価に関する研究
  • 2003 - 2005 全身性エリテマトーデス女性の配偶者にとっての病いの意味
Papers (13):
  • 福田和明, 山田紋子, 古川秀敏, 益田美津美, 中野由美子, 宮城智賀子, 古澤圭壱, 柳瀬圭司, 黒田裕子. 看護診断・介入・成果の記録の質(Quality of Documentation of Nursing Diagnoses,Interventions,and Outcomes)日本語版尺度及び評価基準ガイドラインの検証. 看護診断. 2021. 26. 1. 13-21
  • Yuko Kuroda, Kazuaki Fukuda, Hiroaki Yamase, Ryoma Seto, Misae Ito, Kimiyo Shimomai, Hidetoshi Furukawa, Junko Tatsuno, Asami Tado. Fact-Finding Survey on the Operational Status of Electronic Medical Record Systems in Japan. Online Journal of Nursing Informatics Contributors. 2017. 27. 1
  • Kazuaki Fukuda. The Difficulty in Japan of Selecting the NANDA-I Nursing Diagnosis (2015-2017) of “Death Anxiety”. International Journal of Nursing Knowledge. 2016
  • 黒田 裕子, 山勢 博彰, 瀬戸 僚馬, 伊東 美佐江, 福田 和明, 益田 美津美, 上澤 悦子, 下舞 紀美代, 古川 秀敏, 田戸 朝美. わが国の看護支援システムの評価尺度の作成 ヒアリング調査の分析結果からの試案. 看護診断. 2016. 21. 2. 91-92
  • 古川 秀敏, 下舞 紀美代, 小泉 純子, 福田 和明, 益田 美津美, 黒田 裕子. NANDA-I看護診断"死の不安"の診断指標の妥当性に関する研究. 看護診断. 2016. 21. 1. 6-15
more...
MISC (11):
more...
Books (15):
  • 臨床活用事例でわかる中範囲理論
    日総研出版 2020
  • NANDA-I-NIC-NOCの基本を理解する-最新の動向と看護計画への活用の仕方 第2版
    医学書院 2019
  • アセスメントに強くなる看護診断-事例でわかる,中範囲理論でわかる,監査の視点でわかる-
    医歯薬出版 2018
  • 看護教育に活かすルーブリック評価実践ガイド
    メヂカルフレンド社 2018
  • プチナースBOOKS 実習でよく挙げる看護診断計画ガイド
    照林社 2017
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • 日本における看護診断"死の不安"の活用の状況
    (日本看護診断学会第25回学術大会 2019)
  • NANDA-I看護診断、NIC及びNOCを用いた電子看護記録の質評価に関する研究
    (日本看護診断学会第25回学術大会 2019)
  • 全国医療施設と教育機関における看護診断・成果・介入の使用実態
    (看護診断 2018)
  • 看護支援システムの評価尺度の開発
    (日本看護研究学会雑誌 2016)
  • わが国の看護支援システムの評価尺度の作成 ヒアリング調査の分析結果からの試案
    (看護診断 2016)
more...
Education (4):
  • 2006 - 2011 Kitasato University
  • 2000 - 2002 Kobe City College of Nursing
  • 1992 - 1999 Meiji University
  • 1987 - 1989 東京都立公衆衛生看護専門学校
Professional career (3):
  • 博士(看護学) (北里大学)
  • 修士(看護学) (神戸市看護大学)
  • 学士(文学) (明治大学)
Work history (11):
  • 2019/04 - 現在 Shitennoji University Faculty of Nursing, Departmento of Nursing
  • 2016/04 - 2019/03 Tokushima Bunri University Faculty of Health and Welfare, Department of Nursing
  • 2012/04 - 2016/03 Kitasato University School of Nursing
  • 2011/04 - 2012/03 Kobe Tokiwa University
  • 2004/04 - 2011/03 神戸常盤短期大学看護学科・神戸常盤大学 保健科学部看護学科 講師
Show all
Committee career (7):
  • 2017/06 - 現在 日本クリティカルケア看護学会 評議員
  • 2013/05 - 現在 日本赤十字看護学会 学会誌査読委員
  • 2010/08 - 現在 日本クリティカルケア看護学会 学会誌査読委員
  • 2013/12 - 2015/06 日本クリティカルケア看護学会 指名理事
  • 2012/04 - 2014/06 日本赤十字看護学会 学会誌編集委員
Show all
Awards (1):
  • 2018/07 - NANDA-International Editor’s Award
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page