Rchr
J-GLOBAL ID:201101041019362250   Update date: Aug. 23, 2022

Hisakata Rumi

ヒサカタ ルミ | Hisakata Rumi
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Experimental psychology
Research keywords  (1): >
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 視覚情報へのマグニチュード理論の検証
  • 2018 - 2021 視覚系の空間推定処理に関する神経基盤
  • 2015 - 2018 A new visual mechanism estimating distance among objects
  • 2013 - 2015 運動と位置に関する知覚現象を通じた脳内の視覚空間表現の解明
  • 2008 - 2011 Research on the structure and function of the cortical visual motion perception
Show all
Papers (18):
more...
MISC (65):
  • 管浩輝, 安住龍, 久方瑠美, 金子寛彦. Investigation of visibility of direct-viewing and reflective electronic room mirrors in actual vehicle environments. 映像情報メディア学会技術報告. 2022. 46. 13(HI2022 9-18). 25-28
  • 野口諒太, 久方瑠美, 金子寛彦. サッカード前後の刺激変化順応が周辺刺激の認識に与える影響. Vision. 2022. 34. 1
  • Wu Jieyu, 久方 瑠美, 金子 寛彦. 周辺刺激が回旋-視差と回旋vergence状態への感受性に与える影響(The effect of surrounding stimulus on the sensitivity to cyclo-disparity and cyclovergence state). Vision. 2021. 33. 4. 215-215
  • 久方 瑠美. 若手の会シリーズ No.2 研究室紹介~東京工業大学すずかけ台キャンパス永井研究室~. VISION. 2021. 33. 2. 94-96
  • 小山 寛明, 久方 瑠美, 金子 寛彦. オプティカルフロー運動の奥行き的重ね合わせにより生起されるベクション. Vision. 2021. 33. 1. 45-45
more...
Books (1):
  • はじめての心理学概論 : 公認心理師への第一歩
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779513619
Lectures and oral presentations  (7):
  • 錯視研究から考えるこれからの認知科学
    (東京工業大学創立140周年記念講演会 2021)
  • Adaptation to texture reveals a local metric underlying perceived size and distance
    (Vision Scienses Society Annual Meeting 2015)
  • A directional bias of apparent position shift of a moving element with a hard edge.
    (Asia Pacific Conference on Vision 2014)
  • No motion-induced sensitivity modulation for chromatic gratings.
    (Vision Scienses Society Annual Meeting. 2014)
  • Motion-induced position shift in stereoscopic and dichoptic viewing.
    (Vision Scienses Society Annual Meeting. 2013)
more...
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (7):
  • 2017/05 - 現在 Tokyo Institute of Technology School of Engineering
  • 2015/04 - 2017/04 Senshu University Assistant Professor
  • 2014/04 - 2015/03 University College London Division of Psychology & Language Sciences
  • 2013/04 - 2015/03 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 客員研究員
  • 2013/04 - 2015/03 Japan Society for the Promotion of Science
Show all
Awards (8):
  • 2021/12 - 日本基礎心理学会 優秀論文賞 文脈手がかり効果において姿勢変化時に参照される座標表現
  • 2021/03 - 一般社団法人映像情報メディア学会 ヒューマンインフォメーション研究会 ベストプレゼンテーション賞 凹面鏡における見かけの奥行きの定量的解析
  • 2018/11 - 東京工業大学 東京工業大学リサーチフェスティバルベストプレゼンテーション賞 錯覚現象からわかる視知覚のメカニズム
  • 2011/01 - 日本視覚学会 ベストプレゼンテーション賞 運動による位置ずれに影響する刺激の輪郭運動に関する研究
  • 2010/12 - 日本基礎心理学会 優秀発表賞 ガボールパッチの輪郭運動情報とキャリア運動情報が刺激定位に与える影響に関する研究
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page