Rchr
J-GLOBAL ID:201101083963441753   Update date: Sep. 28, 2020

Mizushima Soichiro

ミズシマ ソウイチロウ | Mizushima Soichiro
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.marianna-u.ac.jp/anatomy/office/index.html
Research field  (1): Physical anthropology
Research keywords  (4): 縄文時代 ,  骨 ,  ヒト ,  形態
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2024 縄文家族論の新展開:廃屋墓出土人骨群の血縁関係と埋葬過程の解明
  • 2018 - 2021 考古学・人類学・文化財科学の学際的研究による縄文社会論の再構築
  • 2013 - 2016 愛知県保美貝塚出土資料による考古学・人類学のコラボレーションモデルの構築と展開
  • 2012 - 2015 新資料に基づく関東地方古人骨の系譜論・生活論の再考
  • 2010 - 2012 考古学と人類学のコラボレーションによる縄文社会の総合的研究
Papers (9):
more...
MISC (12):
  • 水嶋崇一郎, 清家大樹, 長岡朋人, 平田和明. 千葉県旭市鏑木所在干場遺跡(古墳時代)から出土した集積人骨について. 令和元年度 千葉県旭市内遺跡発掘調査報告書 干場遺跡. 2020. 10-16
  • 水嶋崇一郎, 平田和明. 長谷小路周辺遺跡由比ヶ浜三丁目204番5地点より出土した古代の火葬人骨について. 鎌倉市埋蔵文化財緊急調査報告書. 2020. 36(第4分冊). 303-303
  • 水嶋崇一郎, 平田和明. 甘縄神社遺跡群長谷一丁目262番14外地点より出土した中世の幼児頭蓋骨について. 鎌倉市埋蔵文化財緊急調査報告書. 2020. 36(第4分冊). 356-356
  • 水嶋崇一郎, 清家大樹, 平田和明. 矢作横穴墓群出土人骨鑑定. 矢作横穴墓群 平成30年度急傾斜地(三浦市和田B地区)崩壊対策工事に伴う発掘調査 神奈川県埋蔵文化財調査報告書. 2019. 76. 24-25
  • 清家大樹, 水嶋崇一郎, 平田和明. 下飯田林遺跡第3地点(神奈川県横浜市泉区所在)より出土した中世人骨について. 2018. in press
more...
Books (7):
  • 解剖学講座開講47周年記念誌-平田和明教授退任に当たり-
    創栄企画 2019
  • 人類先史、曙:東京大学総合研究博物館所蔵明治期等人類学標本101点写真集
    東京大学出版会 2017 ISBN:4130202715
  • 縄文時代人骨データベース5)帝釈観音堂洞窟,帝釈寄倉岩陰 東京大学総合研究博物館標本資料報告第73号
    東京大学総合研究博物館 2008
  • 縄文時代人骨データベース4)千葉県の遺跡(向ノ台,矢作,余山など) 東京大学総合研究博物館標本資料報告第69号
    東京大学総合研究博物館 2007
  • 縄文時代人骨データベース3)千葉県の遺跡(堀之内,加曽利,曽谷など) 東京大学総合研究博物館標本資料報告第61号
    東京大学総合研究博物館 2006
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • 思春期縄文人の脛骨断面形状について
    (第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(誌上開催) 2020)
  • 成長期縄文人の脛骨断面形状について
    (第73回日本人類学会大会 2019)
  • 西広貝塚・古作貝塚出土人骨の年代測定値からみた埋葬小群の形成過程
    (第73回日本人類学会大会 2019)
  • 成長期の四肢プロポーション: 縄文時代人・現代日本人・現代アメリカ人の比較
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 成人期縄文人の橈骨/上腕骨長比が際立って大きい点を、未成人骨の分析から考える
    (第72回日本人類学会大会 2018)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2009 The University of Tokyo
  • 1997 - 1999 The University of Tokyo
  • 1993 - 1997 Tohoku University Division of GeoEnvironmental Science
Professional career (1):
  • 博士(理学) (東京大学)
Work history (5):
  • 2018/01 - 現在 St.Marianna University School of Medicine
  • 2010/04 - 2017/12 St.Marianna University School of Medicine
  • 2009/04 - 2010/03 The University of Tokyo The University Museum
  • 2002/04 - 2004/03 The University of Tokyo The University Museum
  • 2001/04 - 2002/03 The University of Tokyo The University Museum
Committee career (2):
  • 2014/04 - 現在 日本人類学会 選挙管理委員
  • 2015/01 - 2020/05 日本人類学会 評議員
Association Membership(s) (3):
聖マリアンナ医科大学医学会 ,  日本解剖学会 ,  日本人類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page