Rchr
J-GLOBAL ID:201201063304181767   Update date: Oct. 03, 2020

Ichikawa Akira

イチカワ アキラ | Ichikawa Akira
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): https://ameblo.jp/tamingty
Research field  (4): Economic policy ,  Economic policy ,  International relations ,  Environmental policy and society
Research keywords  (6): Politics in the EU ,  MNCs Theory ,  Regional Revitalization ,  Global Governance ,  Environmental Governance ,  International Relation
Research theme for competitive and other funds  (24):
  • 2020 - 2021 ユンカー欧州委員長によるEUエネルギー同盟の政治過程
  • 2020 - 2021 EUの気候変動・エネルギー政策
  • 2018 - 2021 「西洋化と民主化のリンケージを阻む諸要因に関する比較分析」(課題番号:18H00821)
  • 2017 - 2021 EUの規範パワーの持続可能性に関する実証研究
  • 2019 - 2020 ユンカー欧州委員長によるEUエネルギー同盟の政治過程
Show all
Papers (46):
  • 市川顕. EUエネルギー同盟にみる気候変動・エネルギー規範の持続性-2015年4-6月を中心としてー. 政治社会学論叢. 2020. 6. 11-20
  • 市川顕. 2015年7月EUエネルギー同盟サマーパッケージ-その概要と方向性-. 『国際地域学研究』. 2020. 23. 43-55
  • 市川顕. 人の国際移動とポーランド-社会的危機を煽動する概念上の移民?-. 『ヨーロッパ研究』. 2020. 12. 77-98
  • 市川顕. まちづくりにおけるガバナンス-インターミディエイターとしての大学生の役割-. 笠井賢紀・工藤保則(2020)編著『共生の思想と作法-共によりよく生き続けるために-』、法律文化社. 2020. 125-140
  • Poland. 2019. 333-356
more...
MISC (33):
  • 市川顕. ポーランド. 坂井一成・八十田博人(2020)編著『よくわかるEU政治』ミネルヴァ書房. 2020. 146-147
  • 市川顕. EUプラスチック戦略からみるEUの規範とパワー. 科学技術展望懇談会. 2019. 330. 1-38
  • 市川 顕. 欧州におけるポピュリズムについて. 『産研論集』. 2019. 46. 159-160
  • 市川 顕. 価値共創社会とイノベーション-企業と顧客のパートナーシップ構築のために-. GIC Discussion Paper No.8. 2018
  • 市川 顕. ASEAN経済共同体:その形成過程、問題点とEUとの比較. 『産研論集』. 2018. 45. 122-124
more...
Books (18):
  • ダウン症をめぐる政治ー誰もが排除されない社会へ向けてー
    明石書店 2018
  • 関西の地域振興と国際化
    関西学院大学出版会 2018
  • ASEAN経済共同体の成立-比較地域統合の可能性-
    中央経済社 2017
  • 関西企業の海外展開とグローバル人材の確保・育成-関西経済再生に大学が果たす役割-
    関西学院大学産業研究所 2017
  • よみがえる『約束の土地』-ポーランド第2の都市ウッジの魅力と都市再生-
    関西学院大学産業研究所 2016
more...
Lectures and oral presentations  (106):
  • 国際関係を見る三つのレンズ
    (東京都立本所高等学校 2020)
  • ポーランドにおける観光政策:観光産業の発展・人的資源の養成・イノベーションの育成
    (2019年度大阪経済大学地域活性化支援センター「学学連携セミナー」 2020)
  • いま民主主主義を考える-ポピュリズムと民主主義のバックスライディング-
    (学芸大学国際高等学校 2019)
  • 国際関係を見る三つのレンズ
    (茨城県立勝田高校 2019)
  • 国際関係を見る三つのレンズ
    (さいたま市立浦和南高等学校 2019)
more...
Works (1):
  • 政策文書:Towards a Charter Moment. Hakone Vision on Governance for Sustainability in the 21st Century, Tokyo, International Environmental Governance Architecture Research Group,
    2011 -
Education (3):
  • 2001 - 2006 Keio University
  • 1999 - 2001 Keio University
  • 1995 - 1999 Keio University
Professional career (3):
  • Ph.D. Media and Governance (Keio University)
  • M.A. Media and Governance (Keio University)
  • B.A. Policy Management (Keio University)
Work history (21):
  • 2020/04 - 現在 Toyo University Faculty of Global and Regional Studies Professor
  • 2020/04 - 現在 Center for Global Innovation Studies in Toyo University Vice Director
  • 2015/04 - 現在 Toyo Gakuen University Faculty of Global Communication Part-time Lecturer
  • 2020/04 - 2021/03 Komazawa Women’s University Faculty of Humanities Part-time Lecturer
  • 2018/04 - 2020/03 Toyo University Center for Global Innovation Studies
Show all
Committee career (42):
  • 2019/11 - 現在 館林市 総合計画審議会委員(行政経営部会)
  • 2019/11 - 現在 館林市 総合計画審議会委員・部会長(経済と都市部会)
  • 2019/11 - 現在 政治社会学会 理事・監事選考委員会委員
  • 2019/07 - 現在 館林市 百年小麦ブランド化委員会アドバイザー
  • 2019/06 - 現在 政治社会学会 国際交流委員会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
THE EUROPEAN UNION STUDIES ASSOCIATION-JAPAN ,  政治社会学会 ,  ロシア東欧学会 ,  政策情報学会 ,  日本計画行政学会 ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS ,  グローバルガバナンス学会 ,  国際公共経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page