Rchr
J-GLOBAL ID:201201080521080504   Update date: Aug. 31, 2020

Shinogaya Keita

シノガヤ ケイタ | Shinogaya Keita
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (5): 家庭学習と授業の関連づけ ,  予習 ,  動機づけ ,  教授方略 ,  学習方略
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2015 - 2019 Understanding, measuring, and promoting crucial 21st century skills: Global communication, deep learning, and critical thinking competencies
  • 2014 - 2018 失敗を教育に活かす:失敗の学習促進メカニズムの解明と学校教育への展開
  • 2013 - 2016 授業内の協同学習を促進する予習法の提案と効果検証
Papers (13):
  • Trends in teaching and learning research in Japan and future prospects from the perspective of "relation". the Annual Report of Educational Psychology in Japan. 2018. 57. 40-60
  • 授業での失敗を生かした授業改善の様相-授業ビデオを用いた刺激再生法による分析. 日本大学経済学部研究紀要. 2018. 85. 33-48
  • Motives, Beliefs, and Perceptions Among Learners Affect Preparatory Learning Strategies. Journal of Educational Research. 2017. 1-8
  • 深谷達史, 植阪友理, 田中瑛津子, 篠ヶ谷圭太, 西尾信一, 市川伸一. 高等学校における教えあい講座の実践-教えあいの質と学習方略に対する効果-. 教育心理学研究. 2015. 64. 1
  • 小野田亮介, 篠ヶ谷圭太. Effective Methods to Enhance Quality of Learners' Reflection: Effects of Teacher's Responses and Interaction with Beliefs about Reflection. 教育心理学研究. 2014. 62. 2. 115-128
more...
Books (18):
  • 教師のための説明実践の心理学
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779514111
  • Deeper learning, dialogic learning, and critical thinking: Research-based strategies for the classroom.
    Routledge 2019 ISBN:9780367262259
  • 新・動機づけ研究の最前線
    北大路書房 2019 ISBN:9784762830723
  • 英語教育(6月号)
    大修館書店 2019
  • Applications of Self-Regulated Learning across Diverse Disciplines: A Tribute to Barry J. Zimmerman
    福村出版 2019 ISBN:9784571220586
more...
Lectures and oral presentations  (34):
  • 小中移行期における英語に対する目標認知,学習観,学習動機の変容
    (日本教育心理学会第61回大会 2019)
  • 学校教育実践研究における心理学者の役割-対象の規模に着目して-
    (日本教育心理学会第61回大会 2019)
  • 縦断的な視点にもとづく教授・学習研究
    (日本教育心理学会第61回大会 2019)
  • 人工知能教材とルーブリックによるアダプティブ・ラーニングの効果-数学の学力・学習力の変化に着目して-
    (日本教育工学会第36回大会 2019)
  • 予習内容の再解釈がリアクション・ペーパーの記述に与える影響ー授業内活動の差異に着目してー
    (日本教育工学会第36回大会 2019)
more...
Education (2):
  • 2007 - 2011 The University of Tokyo Educational psychology
  • 2001 - 2005 The University of Tokyo Psychology
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (東京大学)
Work history (3):
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 日本大学経済学部 助教
  • 2011/04/01 - 2012/03/31 慶應義塾大学先導研究センター パネル調査共同研究拠点研究員
  • 2009/04/01 - 2011/03/31 日本学術振興会特別研究員(DC2)
Committee career (1):
  • 2016/01/01 - 2018/12/31 日本教育心理学会 編集委員
Awards (1):
  • 2009/09 - 日本教育心理学会 城戸奨励賞 予習が授業理解に与える影響とそのプロセスの検討-学習観の個人差に注目して-
Association Membership(s) (3):
日本教育心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本教育工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page