Rchr
J-GLOBAL ID:201301008201374814   Update date: Mar. 04, 2021

Kawamura Hideki

Kawamura Hideki
Affiliation and department:
Research field  (1): Digestive surgery
Research keywords  (1): hideki kawamura
Papers (77):
  • Nobuki Ichikawa, Shigenori Homma, Tadashi Yoshida, Hiroaki Iijima, Futoshi Kawamata, Susumu Sibasaki, Hideki Kawamura, Nozomi Minagawa, You Kamiizumi, Yasutomo Fukasaku, et al. Proficiency Level of Novice Technically Qualified Surgeons in Laparoscopic Rectal Resection. Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques. 2020. 30. 1. 49-54
  • 海老沼 翔太, 川村 秀樹, 吉田 雅, 市川 伸樹, 本間 重紀, 清水 亜衣, 武冨 紹信. Stage IV進行胃癌の異時性孤立性脾転移に対して脾臓摘出術を施行した1例. 日本外科系連合学会誌. 2019. 44. 5. 903-910
  • 木井 修平, 北村 秀光, 岡田 尚樹, 杉山 昂, 大野 陽介, 市川 伸樹, 吉田 雅, 本間 重紀, 川村 秀樹, 高橋 典彦, et al. DSS誘発大腸炎モデルの病態発症におけるSTAT1シグナルカスケードの関与. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2019. 72. 9. A224-A224
  • 項 慧慧, 豊島 雄二郎, 橋本 真一, 池尾 一穂, 小林 博也, 本間 重紀, 川村 秀樹, 高橋 典彦, 武冨 紹信, 北村 秀光. NK2R介した神経ペプチドシグナルの遮断は大腸がん細胞の悪性化を抑制する(Blockade of NK2R-mediated neuropeptide signaling suppresses malignancy of colon cancer cells). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. E-3010
  • Toyoshima Y, Kitamura H, Xiang H, Ohno Y, Homma S, Kawamura H, Takahashi N, Kamiyama T, Tanino M, Taketomi A. IL6 Modulates the Immune Status of the Tumor Microenvironment to Facilitate Metastatic Colonization of Colorectal Cancer Cells. Cancer immunology research. 2019
more...
MISC (452):
  • 市川 伸樹, 本間 重紀, 吉田 雅, 川俣 太, 柴崎 晋, 川村 秀樹, 武冨 紹信. 腹腔鏡下大腸切除における技術認定の位置付け. 日本臨床外科学会雑誌. 2019. 80. 2. 436-436
  • 田仲 大樹, 本間 重紀, 吉田 雅, 市川 伸樹, 川俣 太, 柴崎 晋, 川村 秀樹, 武冨 紹信. 肝細胞癌大腸転移と腺癌が混在した上行結腸癌の一切除例. 日本臨床外科学会雑誌. 2019. 80. 2. 446-446
  • 川俣 太, 本間 重紀, 市川 伸樹, 吉田 雅, 柴崎 晋, 川村 秀樹, 武冨 紹信. ゲノム解析を利用した大腸癌原発巣およびその肝転移巣に対する新規治療戦略. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2019. 72. 1. 48-48
  • 市川 伸樹, 本間 重紀, 吉田 雅, 川俣 太, 柴崎 晋, 川村 秀樹, 武冨 紹信. 腹腔鏡下低位前方切除において狭骨盤が手術操作に与える影響に関する検討. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2019. 72. 1. 49-49
  • 田仲 大樹, 本間 重紀, 吉田 雅, 市川 伸樹, 川俣 太, 柴崎 晋, 川村 秀樹, 武冨 紹信. 所属リンパ節に結腸癌と乳癌の転移が混在した上行結腸癌の1切除例. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2019. 72. 1. 49-49
more...
Professional career (1):
  • 医学博士 (北海道大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page