Rchr
J-GLOBAL ID:201301009750993964   Update date: May. 29, 2021

Ohira Susumu

Ohira Susumu
Affiliation and department:
Job title: 専任講師
Research field  (1): Commerce
Research keywords  (5): マーケティング戦略 ,  relationship marketing ,  business-to-business marketing ,  industrial network ,  product development
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2021 - 2025 コーペティションがサプライチェーン・レジリエンス能力と競争優位性に及ぼす影響
  • 2019 - 2023 クラウド・ソーシングが製品デザイン要素を通じて、新製品パフォーマンスに及ぼす影響
  • 新製品開発における市場志向とデザイン志向に関する国際比較研究
  • ネットワーク視点から捉えた売り手と買い手のリレーションシップ
Papers (8):
  • Susumu Ohira. Literature Review of the Gig Economyfrom a Product Development Perspective:Gig Working as a Potential Source of Innovation. 2021. 40. 3. 45-57
  • Daisuke Ishida, Susumu Ohira, Naoto Onzo. Critical Success Factors in Reward-Based Crowdfunding:A Signaling Theory Perspective. 2021. 40. 3. 6-18
  • 大平進. ネットワーク視点による売り手と買い手の関係性研究の潮流と課題. 千葉商大論叢. 2019. 57. 2. 117-138
  • 岩下仁, 大平進, 石田大典, 外川拓, 恩藏直人. 製品デザイン要素の解明-自動車産業に対する定性調査による考察-. マーケティングジャーナル. 2015. 34. 3. 99-116
  • 大平進, 恩藏直人. ネットワーク型取引関係における長期的価値と短期的価値のトレードオフ. 2014. 440. 189-216
more...
MISC (11):
  • 大平進. サプライチェーン・レジリエンス-ネットワーク・アプローチ-(テーマ書評). マーケティングジャーナル. 2018. 37. 3. 131-146
  • 大平進, 恩藏直人. 小売業のガス空調調査:普及進むも依然、懐疑的な企業も存在、評価の分かれ目はどこにあるのか?(調査報告). ダイヤモンド・チェーンストア. 2016. 47. 22. 32-33
  • 恩藏直人, 大平進. 小売業の省エネ推進度調査:「照明」「空調」「冷蔵・冷凍」エネルギーマネジメントの実態(調査報告). ダイヤモンド・チェーンストア. 2016. 47. 6. 24-26
  • 大平進, 寺﨑新一郎, 恩藏直人. 医療現場に革新をもたらす価値共創戦略:株式会社セントラルユニ(取材レポート). マーケティングジャーナル. 2015. 35. 2. 89-104
  • 大平進, 石田大典. イノベーション創出に向けた知的財産マネジメント: グローバル・アウトソーシングの視点から(抄訳). 流通情報. 2015. 46. 6. 52-63
more...
Books (3):
  • 医療マーケティングの革新(恩藏直人, 岩下仁編著)
    有斐閣 2018 ISBN:9784641165250
  • 医療マーケティングの革新(恩藏直人, 岩下仁編著)
    有斐閣 2018 ISBN:9784641165250
  • 商学入門(早稲田商学同好会編著)
    早稲田商学同攻会 2016
Lectures and oral presentations  (10):
  • マーケティング視点から捉えたサプライチェーン・レジリエンス
    (日本商業学会九州部会 2019)
  • Shedding Light on the Mechanism of Product Design Elements and the Antecedent Factors in Product Development
    (PDMA (Product Development and Management Association) Research Forum 2017 2017)
  • The Impact of Product Design Elements on New Product Superiorities and Performances
    (2017 AMA (American Marketing Association) Winter Conference 2017)
  • 共同問題解決が拡張的再購買意向に及ぼす影響-ネットワーク視点にもとづく検討-
    (商品開発・管理学会 第27回全国大会 2016)
  • Key Product Design Elements for Successful Product Development: An Exploratory Study of the Automotive Industry
    (American Marketing Association (AMA) 2015 Summer Marketing Educators' Conference 2015)
more...
Education (4):
  • 2011 - 2015 Waseda University
  • 2009 - 2011 Waseda University
  • 2001 - 2003 University of Pennsylvania Master of Environmental Studies in Environmental Geology
  • 1996 - 2000 Waseda University
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Chiba University of Commerce Faculty of Commerce and Economics
  • 2015/09 - 2017/03 Waseda University Faculty of Commerce
Association Membership(s) (3):
日本消費者行動研究学会 ,  日本商業学会 ,  商品開発・管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page