Rchr
J-GLOBAL ID:201301071759425567   Update date: Jan. 13, 2022

Matsuzaki Mahiru

マツザキ マヒル | Matsuzaki Mahiru
Affiliation and department:
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (5): 外国語学習動機づけ ,  外国人労働者と外国語教育 ,  言語景観 ,  韓国語談話分析 ,  韓国語教育方法
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2021 - 2025 日韓両言語の会話分析に基づく会話管理能力育成の為の韓国語会話教材及び教授法の開発
  • 2020 - 2022 特定技能実習生の日本語能力に関する定量的・定性的手法による緊急的実態調査
  • 2019 - 2022 日韓の韓国語専攻・日本語専攻の学生が架け橋となるためのキャリア支援に関する研究
  • 2016 - 2021 インドネシア人のL2習得の対照的研究:日本の外国人技能実習制度と韓国の雇用許可制
Papers (24):
  • 松﨑真日, 磯野英治, 検校裕朗. 日韓の言語専攻学生のキャリア教育用ビデオ教材制作の背景と枠組み. 日本語教育研究. 2021. 56. 183-196
  • 水戸貴久, 鈴木栄, 松﨑真日. 学習者の語りは表現方法によってどのように変わるか -書かれたものと描かれたものの比較を通してー. 言語文化教育研究. 2020. 18. 203-212
  • 松﨑真日, 磯野英治, 検校裕朗. 日韓の日本語専攻・韓国語専攻学生の就職活動に関する認識 -キャリア支援の基礎調査-. 日本語教育研究. 2020. 53. 77-93
  • 松﨑真日, 吹原豊, 磯野英治, 助川泰彦. 移住労働者の現地言語能力についての考察 -雇用許可制韓国語能力試験の模擬試験結果から-. 日本語研究. 2020. 40. 111-125
  • 松﨑真日, 鈴木栄, 水戸貴久. 外国語学習者の絵が伝えること ービジュアルナラティブによる試行的研究ー. 人文論叢. 2019. 51. 1. 203-240
more...
MISC (13):
  • 일본 교육기관 한국어 교육 현황 조사 중간 보고서. 일본 교육기관 한국어 교육 현황 조사 중간 보고서. 2020. 1-45
  • ソウル便り. 東アジア. 2007. 16
  • 井上敦子, 古賀聡, 上見弘太, 野口高広, 藤原義嗣, 松崎真日, 森亮介. 姉妹2人、羽ばたく準備中. 韓国語ジャーナル. 2005. 13. 104-111
  • 井上敦子, 古賀聡, 上見弘太, 藤原義嗣, 松崎真日, 森亮介. 70代3人、花も嵐も踏み越えて(生録日常会話 from Korea). 韓国語ジャーナル. 2005. 12. 106-113
  • 井上敦子, 古賀聡, 上見弘太, 藤原義嗣, 松崎真日, 森亮介. ただいま就職浪人中(生録日常会話 from Korea). 韓国語ジャーナル. 2005. 11. 98-105
more...
Books (10):
  • 외국인 노동자의 한국어 습득과 언어 환경
    한국문화사 2021
  • 韓国語学習のおやつ-10分で知る韓国の社会と文化ー
    朝日出版社 2021
  • 韓国語学習の「おやつ」 -10分で知る韓国の社会と文化-
    朝日出版社 2021
  • 韓国語教本 ハングルマダン 改訂版
    朝日出版社 2020
  • 他者とつながる外国語学習を目指して 「外国語学習のめやす」の導入と活用
    三修社 2019
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 2020年度韓国語教育実情調査結果報告(速報)
    (朝鮮語教育学会第87回例会 2021)
  • 한국어 스피치 수업 - 수업 설계 및 학습 성과 -
    (第六屆 國立高雄大學韓國研究中心國際學術會議 2021)
  • ビデオ教材『映像で学ぶキャリア-日韓の学生が専攻言語を生かすために-』の制作における理論的枠組みと内容について
    (韓国日語教育学会・言語文化教育研究学会共同開催2020年度国際学術大会 2020)
  • ビデオ教材『映像で学ぶキャリア-日韓の学生が専攻言語を生かすために-』の制作における 理論的枠組みと内容について
    (韓国日語教育学会 2020年度国際学術大会 2020)
  • 韓国語教育実情調査2020中間報告
    (朝鮮語教育学会 第85回例会 2020)
more...
Education (1):
  • 2006 - 2011 KyungHee University Korean Language
Professional career (5):
  • 文学博士 (慶熙大学校大学院)
  • Ph.D. (Graduate School, Kyung Hee University)
  • 教育学碩士(修士) (慶煕大学校 教育大学院)
  • Master of Education (Graduate School of Education, Kyung Hee University)
  • 文学修士 (新潟大学)
Work history (4):
  • 2012/07/22 - 2013/02/28 大邱大学校 人文大学 日本語日本学科 助教授
  • 2012/03/01 - 2012/07/21 大邱大学校 人文大学 日本語日本学科 専任講師
  • 2011/01/24 - 2012/02/29 慶煕大学校 国際教育院 非常勤講師
  • 2004/04/01 - 2006/09/30 新潟大学 非常勤講師
Association Membership(s) (9):
韓国日語教育学会 ,  高等学校韓国朝鮮語教育ネットワーク ,  The Academic Association of Koreanology in Japan ,  外国授業実践フォーラム ,  異文化間教育学会 ,  Association for Language and Cultural Education ,  朝鮮語教育学会 ,  The Korean Society of Bilingualism ,  The International Association for Korean Language Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page