Rchr
J-GLOBAL ID:201601005485284040   Update date: Nov. 21, 2021

Minami Shuhei

Minami Shuhei
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Europe/America
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2026 海と陸から問い直すアメリカ現代史-20世紀後半ニュージャージー州沿岸諸都市の変容
  • 2017 - 2021 An Examination of the Fall of Waterfront and Urban Life in New York City after World War ll
Papers (14):
  • From Sea to Land: The Change in Orientation of US Mercantile Sailors towards Becoming “Family Men” after World War ll. Journal of Historical Studies. 2021. 1016. 59-70
  • 南 修平. 20世紀の海の歴史-アメリカ海事政策を中心に. 人文社会科学論叢 = Studies in the humanities and social sciences. 2021. 10. 73-92
  • MINAMI Shuhei. Embracing Patriotism : Leisure and 'White Working-Class' in New York City during World War II. Studies of Humanities and Social Sciences. 2019. 7. 41-60
  • MINAMI Shuhei. "White Working Class" Issue from a Perspective of Labor History : As a Key to Understanding "the Trump Phenomena". The Journal of Ohara Institute for Social Research. 2019. 725. 38-52
  • 南 修平. 生活世界を捉えるということ-ニューヨーク港湾地区に生きる労働者とその日常. 歴史学研究. 2018. 976. 112-122
more...
MISC (10):
  • 南修平. 合衆国憲法補正附(700557). 東奥義塾高等学校所蔵 旧弘前藩古典書籍調査集録. 2021. 7. 109-114
  • 南修平. 泰西修身論(700481、700481). 東奥義塾高等学校所蔵 旧弘前藩古典書籍調査集録. 2020. 6. 174-179
  • 中村寛, 南修平. <周縁>の「小さなアメリカ」第7回-白人労働者たちの愛国-南修平との対話-. 世界. 2018. 910. 268-277
  • 南 修平. 書評 望戸愛果著『「戦争体験」とジェンダー : アメリカ在郷軍人会の第一次世界大戦戦場巡礼を読み解く』. 西洋史学 = The studies in Western history. 2018. 265. 79-81
  • 南修平. 2017年の歴史学界-回顧と展望-北アメリカ・後半. 史学雑誌. 2018. 127. 5. 398-403
more...
Books (4):
  • アメリカ文化事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302149
  • American Labor
    2017 ISBN:9784779123986
  • 「ヘイト」の時代のアメリカ史-人種・民族・国籍を考える
    彩流社 2017 ISBN:9784779122927
  • アメリカを創る男たち-ニューヨーク建設労働者の生活世界と「愛国主義」
    名古屋大学出版会 2015 ISBN:9784815808112
Lectures and oral presentations  (20):
  • 研究者としての野村達朗-21世紀の労働民衆史を展望する
    (名古屋アメリカ研究会第234回例会(野村達朗さん追悼例会) 2021)
  • 便宜置籍船問題から問う海の歴史-第2次大戦後のアメリカ海員労組の苦闘
    (日本アメリカ史学会第17回年次大会・自由論題報告 2020)
  • 生活世界を捉えるということ-ニューヨーク港湾地区に生きる労働者とその日常
    (2018年度歴史学研究会大会・近代史部会 「生活のなかの労働と社会関係」 2018)
  • Naked but Elusive: Rethinking Working Class Anti-establishment Feelings
    (A Special Lecture Provided by Visiting Scholar of Hirosaki University 2017)
  • つくられる余暇、享受される余暇 -第2次大戦期とその後の造船労働者と電気工の「絆」を考える
    (日本アメリカ史学会第14回年次大会シンポジウムC 「アメリカ史のなかの『余暇』」 2017)
more...
Professional career (1):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
Work history (4):
  • 2021/04 - 現在 Senshu University School of Letters, Department of History Associate Professor
  • 2013/04 - 現在 The Institute for American Studies, Rikkyo University Visiting Research Fellow
  • 2016/04 - 2021/03 Hirosaki University
  • 2013/04 - 2016/03 Nagano Prefectural College
Awards (3):
  • 2016/06 - 第21回アメリカ学会清水博賞
  • 2014/04 - 第25回名古屋大学出版会学術図書刊行助成
  • 2010/06 - 第1回アメリカ学会斎藤眞賞
Association Membership(s) (5):
Organization of American Historians ,  日本西洋史学会 ,  歴史学研究会 ,  アメリカ学会 ,  日本アメリカ史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page