Rchr
J-GLOBAL ID:201601005580335255   Update date: Apr. 08, 2021

MINAMI Seigo

ミナミ セイゴ | MINAMI Seigo
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2020 - 2022 慢性重度片麻痺上肢の回復に有効な サイバネティック機能的電気刺激装置の開発
  • 2019 - 2022 他動型/随意介助型電気刺激装置の併用と合目的的動作による重度片麻痺上肢の改善効果
  • 2020 - 2021 マーカレスな矢状面状の脊柱姿勢アライメント測定法とレントゲン測定結果との相関性分析調査
  • 2019 - 2020 合目的的動作と電気刺激との併用が慢性期重度片麻痺上肢の機能改善に及ぼす効果
  • 2019 - 2020 脳卒中急性期の麻痺側上肢に対して合目的的活動を用いた機能的電気刺激療法が及ぼす影響
Show all
Papers (31):
more...
Books (7):
  • 身体障害作業療法学2 内部疾患編
    羊土社 2018
  • 身体障害作業療法学1 骨関節・神経疾患編
    羊土社 2018
  • 高齢者領域の作業療法 第2版 プログラム立案のポイント
    中央法規 2016
  • 事例でわかる人間作業モデル
    協同医書出版 2015
  • 高齢者のその人らしさを捉える作業療法
    文光堂 2015
more...
Lectures and oral presentations  (79):
  • 慢性重度麻痺側上肢に対して合目的的活動と電気刺激療法の併用が脳機能に及ぼす影響(中間報告) 事象関連電位を用いた効果
    (2020)
  • 高次脳機能障害支援ネットワークにおける現状の課題:質的記述的研究
    (2020)
  • 調理訓練を通して麻痺手の使用頻度と生活意欲が向上した症例 ~補助手交換に着目して~
    (2020)
  • The effect of purposeful activity and electrical stimulation on the upper limb in a patient with chronic severe hemiplegic upper limb: A crossover randomized controlled trial
    (2020)
  • Effects of the combined use of purposeful activity and electrical stimulation on the brain function pertaining to upper-limb function in patients with chronic severe paralysis (using event-related potentials)
    (11th World Congress of NeuroRehabilitation 2020)
more...
Education (3):
  • 2012 - 2015 Kibi International University
  • 2010 - 2012 Kibi International University
  • 1997 - 2001 滋賀医療技術専門学校
Professional career (2):
  • 博士(保健学) (吉備国際大学大学院)
  • 修士(保健学) (吉備国際大学大学院)
Work history (7):
  • 2021/04 - 現在 Gumma Paz College
  • 2019/05 - 現在 京都大学大学院 医学研究科 客員研究員(プロジェクト研究員)
  • 2018/04 - 2021/03 大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 講師
  • 2014/04 - 2018/03 大和大学 保健医療学部 講師
  • 2007/05 - 2014/03 関西学研医療福祉学院 作業療法学科
Show all
Committee career (14):
  • 2018/11 - 現在 日本作業行動学会 編集委員
  • 2018/02 - 現在 日本作業療法士協会 学会演題査読委員
  • 2017/10 - 現在 日本臨床作業療法学会 学術誌査読委員
  • 2009/06 - 現在 日本作業行動学会 評議員
  • 2018/06 - 2021/03 認知予備力研究センター 研究員
Show all
Awards (1):
  • 2012/09 - 日本作業行動学会 優秀論文 作業に焦点をあてた介入により,終末期において作業参加が改善した事例
Association Membership(s) (4):
World Federation of Occupational Therapy ,  終末期・緩和ケア作業療法研究会 ,  JAPANESE SOCIETY OF OCCUPATIONAL BEHAVIOR ,  日本作業療法士協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page