Rchr
J-GLOBAL ID:201701001088246230   Update date: Apr. 15, 2021

Yamanouchi Yasunori

ヤマノウチ ヤスノリ | Yamanouchi Yasunori
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c2ca867c05672999abfb272cdc6b9ba4.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c2ca867c05672999abfb272cdc6b9ba4.html
Research field  (3): Sociology/history of science and technology ,  Science education ,  Cognitive sciences
Research keywords  (2): 科学技術社会論 ,  認知心理学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2014 - 2017 責任ある研究・イノベーションのための組織と社会」プロジェクト
  • 2015 - 2017 オープン教材を普段使いできるようにする学習支援体制の構築
  • 2012 - 2017 地球規模の気候変動リスク管理戦略の構築に関する総合的研究
  • 2012 - 2014 文科省政策のための科学・公共圏における科学技術・教育研究拠点
  • 2008 - 2012 市民と専門家の熟議と協働のための手法とインタフェイス組織の開発
Show all
Papers (19):
more...
Books (4):
  • 触発するミュージアム:文化的公共空間の新たな可能性を求めて
    あいり出版 2016 ISBN:9784865550252
  • 自律型対話プログラムの開発と実践
    ナカニシヤ出版 2012 ISBN:9784779506437
  • 話し合いトレーニング:伝える力・聴く力・問う力を育てる自律型対話入門
    ナカニシヤ出版 2011 ISBN:9784779505218
  • 感情と思考の科学事典
    朝倉書店 2010
Lectures and oral presentations  (49):
  • 気候変動問題における市民参加の再検討
    (科学技術社会論学会第15回年次研究大会 2016)
  • オープン教材のユーザーシナリオの探索:ライフステージ別の学習ニーズ
    (日本教育心理学会第58回総会 2016)
  • 気候変動に関する意思決定におけるリテラシーとその個人差を巡る諸問題
    (日本認知科学会第33回大会 2016)
  • 政策の決め方に関する市民の意向調査:気候変動関連政策に焦点を当てた検討
    (科学技術社会論学会第14回年次研究大会 2015)
  • 地球環境への取組みの評価におけるフレーミングの影響:地球温暖化,持続可能な社会,新成長戦略フレームの比較
    (日本認知科学会第32回大会 2015)
more...
Professional career (1):
  • 心理学 (Nagoya University)
Awards (1):
  • 2006/11/12 - 財団法人倶進会 柿内賢信記念賞研究助成金・奨励賞 高校生向け授業の中で科学者は何を学ぶのか?:経験者へのインタビュー調査を通して
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page