Rchr
J-GLOBAL ID:201701013412829056   Update date: Sep. 18, 2019

Nobuhide Ohashi

Nobuhide Ohashi
Affiliation and department:
Research field  (1): Surgical dentistry
Papers (4):
MISC (19):
  • 大橋 伸英. 次の世代が考える摂食嚥下リハビリテーション〜歯科診療室、訪問診療、教育、研究の現場から〜 (Vol.3)専門領域の立場から 歯科口腔外科 急性期病院のなかで歯科医師はどのように「摂食嚥下障害」に関わるか. 歯界展望. 2019. 134. 1. 138-142
  • 杉山 聡美, 岩井 俊憲, 大橋 伸英, 矢島 康治, 大澤 孝行, 藤内 祝. ナビゲーションシステムを用いて形成術を施行した上顎線維性異形成症の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2018. 64. 10. 618-623
  • 北島 大朗, 岩井 俊憲, 杉山 聡美, 林 雄一郎, 南山 周平, 大橋 伸英, 小栗 千里, 光藤 健司, 大澤 孝行, 藤内 祝. 口底癌の耳下腺リンパ節転移を疑わせたWarthin腫瘍の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2018. 31. 3. 211-215
  • 小栗 千里, 光藤 健司, 大橋 伸英, 飯田 昌樹, 岩井 俊憲, 小泉 敏之, 廣田 誠, 來生 知, 海津 久, 幡多 政治, 藤内 祝. 鼻部に及ぶ進行上顎歯肉癌に対し4経路を用いた逆行性超選択的動注化学放射線療法により原発切除を回避できた1例. 横浜医学. 2018. 69. 4. 543-548
  • 大橋 伸英. 口腔がんの既往がある患者の抜歯. DENTAL DIAMOND. 2018. 43. 9. 128-130
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 口腔外科領域における周術期感染性合併症のコントロールを目的としたオーラルマネジメント
    (第63回日本口腔衛生学会・総会,シンポジウム 口腔の健康に関するエンドポイントの再考 2014)
  • 下顎再建術後のSSIに対する 術前プラークフリー法介入効果の検討
    (第60回日本口腔外科学会総会,公募 Workshop 2015)
  • “実際の”周術期オーラルマネージメントとNSTにおける歯科の役割
    (平成28年度 横浜市金沢区歯科医師会講演会 2016)
  • 口腔ケア,摂食嚥下リハビリテーションについて
    (平成28年度 第2回 足柄上病院 NST講演会 2016)
  • 周術期口腔機能管理のコツと 摂食嚥下障害について
    (平成28年度 足柄歯科医師会講演会 2016)
more...
Association Membership(s) (6):
JAPANESE SOCIETY FOR PARENTERAL AND ENTERAL NUTRITION ,  JAPANESE ACADEMY OF MAXILLOFACIAL PROSTHETICS ,  JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK CANCER ,  Japanese Society of Oral Oncology ,  JAPANESE STOMATOLOGICAL SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGEONS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page