Rchr
J-GLOBAL ID:201801005341813085   Update date: Sep. 01, 2020

Tanaka Mikako

タナカミ カコ | Tanaka Mikako
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Research field  (2): Oral medicine ,  Prosthodontics
Research keywords  (6): trabecular structure ,  microCT ,  Bone morphometry ,  osteoporosis ,  Mandible ,  Jaw bone
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2016 - 2019 メラトニンと骨代謝調節ホルモン・サイトカインとの新規相互作用の解明平成
  • 2015 - 2019 歯科用CBCT像上の顎骨と頸椎の骨梁構造変化を指標とした新規骨粗鬆症診断法の開発
  • 2011 - 2015 歯槽骨の骨構造変化を指標とした骨粗鬆症診断法の開発 -歯科臨床からのアプローチ-
  • 2008 - 2011 歯槽骨組織を用いた早期骨粗鬆症診断法の確立 -骨粗鬆症分野への歯科的貢献-
  • 2006 - 2008 全身的骨粗鬆症と歯槽骨骨梁構造変化との関連性 -サル顎骨を用いた基礎的研究からヒト顎骨における検証へ-
Show all
Papers (25):
  • Mikako Tanaka, Emi Yamashita-Mikami, Kohei Akazawa, Michiko Yoshizawa, Yoshiaki Arai, Sadakazu Ejiri. Trabecular bone microstructure and mineral density in human residual ridge at various intervals over a long period after tooth extraction. Clinical Implant Dentistry and Related Research. 2018. 20. 3. 375-383
  • Ida-Yonemochi H, Nakagawa E, Takata H, Furuyashiki T, Kakutani R, Tanaka M, Ohshima H. Extracellular enzymatically synthesized glycogen promotes osteogenesis by activating osteoblast differentiation via Akt/GSK-3 signaling pathway. J Cell Physiol. 2018. in press
  • Emi Yamashita-Mikami, Mikako Tanaka, Naoki Sakurai, Yoshiaki Arai, Akira Matsuo, Hayato Ohshima, Shuichi Nomura, Sadakazu Ejiri. Correlations between alveolar bone microstructure and bone turnover markers in pre- and post-menopausal women. ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY. 2013. 115. 4. E12-E19
  • Emi Yamashita-Mikami, Mikako Tanaka, Naoki Sakurai, Kazuho Yamada, Hayato Ohshima, Shuichi Nomura, Sadakazu Ejiri. Microstructural Observation with MicroCT and Histological Analysis of Human Alveolar Bone Biopsy from a Planned Implant Site: A Case Report. The open dentistry journal. 2013. 7. 47-54
  • Haruka Kon, Naoki Sakurai, Mikako Tanaka, Hiroshi Kobayashi, Naoko Sato, Saori Makita, Rumi Yoshida, Asako Kai, Shuichi Nomura. Sequential Analysis of Head Movement During Mandibular Open-Close Movements in TMD Patients with Disc Displacement with Reduction. CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE. 2012. 30. 4. 272-279
more...
MISC (103):
Books (6):
  • 【なぜ壊れ、どう直すのか DENTURE REPAIR 部分床義歯・全部床義歯・インプラントオーバーデンチャー】 実践編 咬合面再形成
    補綴臨床別冊 医歯薬出版 2015
  • 咀嚼障害・咬合異常歯科補綴 全国歯科衛生士教育協議会 監修
    医歯薬出版 2009 ISBN:9784263428221
  • 3.下顎歯槽堤吸収に対する考慮, 高齢者の歯科補綴を行う上で必要な臨床的基礎知識,エイジングと歯科補綴
    医歯薬出版 1999
  • 5. 骨粗鬆症および閉経後の変化, Part1.全身的な点において考慮すべき事項 Section2高齢者の歯科補綴を行う上で必要な臨床的基礎知識, エイジングと歯科補綴
    医歯薬出版 1999
  • 顎骨の加齢を咀嚼機能から考察する(共著)
    ザ・クインテッセンス 1999
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 新規に考案した咀嚼能力検査法を用いて計測した咀嚼能率と咬合接触との関連性
    (日本歯科技工学会 第41回学術大会 2019)
  • 鋳造冠の辺縁形態を模したワックスパターンを用いた鋳造体の辺縁部再現性の検討
    (日本歯科技工学会 第41回学術大会 2019)
  • ヒト抜歯後歯槽堤における骨改造現象と骨代謝活性の抜歯後期間による違い
    (日本口腔インプラント学会学術大会抄録集 2016)
  • 骨粗鬆症と口腔 基礎的検証 卵巣摘出サルで検証した下顎皮質骨の粗鬆化の実態
    (日本骨粗鬆症学会雑誌 2016)
  • Bone metabolic dynamics of the mandibular residual ridge -Influence of estrogen deficiency and changes after tooth extraction-
Education (2):
  • 1994 - 1998 Niigata University
  • 1984 - 1990 Niigata University School of Dentistry
Professional career (1):
  • 歯学博士 (新潟大学)
Work history (5):
  • 2003/05 - 2017/03 新潟大学医歯学総合研究科 包括歯科補綴学分野 講師
  • 1999 - 2003 Niigata University Faculty of Dentistry
  • 1998 - 2000 Niigata University Faculty of Dentistry
  • 1997 - 1998 日本学術振興会 特別研究員
  • 噛み合わせ診療科 義歯(入れ歯)診療室、(摂食機能再建学分野)
Awards (5):
  • 2005 - 平成17年度日本骨形態計測学会 学会賞(田中みか子:卵巣摘出サルの下顎底皮質骨内に認められる管腔構造の解析)
  • 2005 - 平成17年度日本骨粗鬆症学会研究奨励賞(田中みか子,渡邊直子,江尻貞一:エストロゲン欠乏による歯槽骨骨梁構造および固有歯槽骨の脆弱化に関する基礎的検討)
  • 2002 - 第108回日本補綴歯科学会学術大会デンツプライ賞
  • 1996 - (財)総合健康推進財団 研究助成課題
  • 1995 - 安井医学奨学賞
Association Membership(s) (7):
日本骨粗鬆症学会 ,  新潟歯学会 ,  International association of dental research ,  日本骨形態計測学会 ,  日本歯科医学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本歯科補綴学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page