Rchr
J-GLOBAL ID:201801012863486030   Update date: Nov. 08, 2021

TOMOAKI KUBO

クボ トモアキ | TOMOAKI KUBO
Affiliation and department:
Job title: 研究職員
Research field  (3): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine
Research keywords  (5): 黄体 ,  reproduction ,  endocrinology ,  pregnancy ,  cow
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2021 - 2024 ウシ視床下部で発見された泌乳・加齢による繁殖障害の原因物質:現場での応用に向けて
  • 2021 - 2022 内腔の有無に着目したウシ形成期黄体の機能解析
  • 2019 - 2022 飼養管理が牛の繁殖性と卵巣機能に与える影響:牛卵子内の脂質組成と発生能の関係
  • 2019 - 2022 Pregnancy-specific responses in bovine extra uterine organs
  • 2019 - 2022 低侵襲・簡易迅速な牛の早期妊娠判定技術開発事業
Show all
Papers (7):
more...
MISC (4):
  • 窪友瑛, 小山毅, 田辺智樹, 松井義貴, 堂腰顕, 古山敬祐. 高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査. 繁殖技術. 2021. 41. 6. 144-146
  • 窪友瑛. 繁殖 高受胎率予測牛の共通点とは -高受胎率と予測されたホル種泌乳牛の栄養状態および繁殖性の精査. Dairy Japan. 2021. 66. 9. 14-16
  • KUBO TOMOAKI, TAKAHASHI TORU. Relationship between ovarian dynamics and conception rate at the begininng of short synch in Holstein dairy cows. Hanshoku Gijitsu Technic for Animal Reproduction. 2019. 39. 1. 5-6
  • 窪 友瑛. 高受胎率が期待できるショートシンク開始時の卵巣所見. 家畜人工授精. 2019. 301. 4. 5-8
Lectures and oral presentations  (48):
  • ホルスタイン種牛における第一卵胞波主席卵胞の位置と適期授精時の受胎との関連性に及ぼす血中性ステロイドホルモン濃度の影響
    (令和3年度 獣医学術近畿地区学会 2021)
  • 腟底部発現変動遺伝子を用いたRT-LAMP法および機械学習によるウシ 簡易迅速妊娠判定モデルの検討
    (第114回日本繁殖生物学会大会 2021)
  • Relationship between lactation stages and phosphatidylcholine content of oocytes in Holstein dairy cows
    (The 9th Sapporo Summer Symposium for One Health 2021)
  • ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • ホルスタイン種泌乳牛の分娩後日数及びボディコンディションスコアと卵子中トリアシルグリセロール量の関係
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
more...
Education (2):
  • 2014 - 2018 Gifu University Clinical Veterinary Science
  • 2008 - 2014 Iwate University Department of Veterinary Medicine
Professional career (1):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学大学院連合獣医学研究科)
Work history (2):
  • 2018/07 - 現在 Hokkaido Research Organization Agricultural Research Department, Dairy Research Center, Dairy Science Group Researcher
  • 2018/04 - 2018/06 Hokkaido Research Organization gricultural Research Department, Konsen Aglicultural Experiment Station, Dairy Science Group Researcher
Awards (4):
  • 2021/10 - 日本獣医学会獣医繁殖学分科会 第164回日本獣医学会 獣医繁殖学・優秀発表賞 ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性
  • 2020/12 - 北海道家畜人工授精師協会 優良賞 高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査
  • 2019/08 - 道東3地区家畜人工授精師協会 優秀技術特別功労賞
  • 2018/10 - 北海道家畜人工授精師協会 優秀賞 ホルスタイン種泌乳牛におけるショートシンク開始時の卵巣所見と受胎率との関係性
Association Membership(s) (6):
日本家畜人工授精師協会 ,  JAPAN VETERINARY MEDICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE ,  SOCIETY FOR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT ,  日本胚移植技術研究会 ,  JAPANESE SOCIETY OF ANIMAL SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page