Rchr
J-GLOBAL ID:201801019803278009   Update date: Mar. 31, 2022

Katayama Kurumi

カタヤマ クルミ | Katayama Kurumi
Affiliation and department:
Job title: プロジェクト非常勤研究員
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (3): コーパス ,  表記 ,  日本語学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2023 コーパスを用いた近世読本のルビと漢字表記の研究
  • 2019 - 2019 キリシタン資料コーパスの構築と活用
Papers (3):
  • Creating parallel texts of "Christian materials" in Muromachi era: the original Romanized Text and its transliteration to Japanese characters. 2018. 2018. 89-96
  • 片山久留美. 表記の和漢混淆-『宝物集』古写本の場合. 三田國文. 2016. 61. 82(1)-66(17)
  • 片山久留美. 現代和語表記の特質:歴史的アプローチ. 藝文研究. 2012. 102. 131(176)-109(198)
MISC (3):
Books (1):
  • 日本語の大疑問 : 眠れなくなるほど面白いことばの世界
    幻冬舎 2021 ISBN:9784344986374
Lectures and oral presentations  (18):
  • 近世読本コーパスの構築と課題
    (「通時コーパス」シンポジウム2022 2022)
  • 『日本語歴史コーパス 鎌倉時代編III軍記』の進捗と展望
    (「通時コーパス」シンポジウム2021 2021)
  • 『日本語歴史コーパス江戸時代編III近松浄瑠璃』の特徴と活用
    (「通時コーパス」シンポジウム2020オンライン 2020)
  • 『日本語歴史コーパス江戸時代編III近松浄瑠璃』の公開
    (日本語学会2020年度春季大会 2020)
  • 基本語彙に時代差,地域差,ジャンル差が与える影響
    (「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」研究発表会 2019)
more...
Works (4):
  • 『日本語歴史コーパス』鎌倉時代編III軍記(短単位データVer1.0/長単位データVer1.0)
    片山久留美, 呉寧真ほか 2022 -
  • 『日本語歴史コーパス』江戸時代編III近松浄瑠璃
    片山久留美, 上野左絵ほか 2020 -
  • 『日本語歴史コーパス 室町時代編』形態論情報規程集 Ver1.0
    片山 久留美 2019 -
  • 日本語歴史コーパス 室町時代編IIキリシタン資料(短単位データ 1.0 / 長単位データ 1.0,中納言バージョン 2.4.2)
    片山久留美, 渡辺由貴ほか 2018 -
Professional career (1):
  • 修士(文学) (慶應義塾大学)
Work history (10):
  • 2021/04 - 現在 Keio University Faculty of Letters
  • 2021/04 - 現在 Senshu University
  • 2021/04 - 現在 Meiji University School of Commerce
  • 2019/04 - 現在 Komazawa University Faculty of Letters, Department of Japanese Literature
  • 2017/04 - 現在 National Institute for Japanese Language and Linguistics Language Change Division
Show all
Awards (2):
  • 2019/05 - 人間文化研究機構 国立国語研究所 第18回所長賞(若手研究者奨励賞)
  • 2018/12 - 情報処理学会 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2018」ベストポスター賞 キリシタン資料のローマ字原文対応和文テキストの作成
Association Membership(s) (1):
THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page