Rchr
J-GLOBAL ID:201901017102842770   Update date: Nov. 18, 2020

Nito Takaharu

ニトウ タカハル | Nito Takaharu
Affiliation and department:
Research field  (1): Otorhinolaryngology
Research keywords  (3): 気道 ,  嚥下 ,  音声
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2017 - 2020 嚥下障害に対する包括的嚥下障害基礎訓練法の開発と有効性の検討
  • 2019 - 嚥下障害患者の安全な経口摂取を支援する咽喉頭感覚評価法の研究
  • 2018 - 重症患者の全身・摂食嚥下機能に応じたリハビリテーションプログラム開発と効果検証
  • 2018 - 痙攣性発声障害疾患レジストリ開発と運用に関する研究
  • 2014 - 2017 加齢と廃用による嚥下障害に対する分岐鎖アミノ酸の効果に関する基礎的・臨床的研究
Show all
Papers (19):
  • 二藤隆春, 後藤多嘉緒. 気管挿管による声帯運動障害の診断はどうしますか?. JOHNS. 2020. 36. 9. 1256-1257
  • 二藤隆春. 摂食嚥下に関与する解剖学、神経機序. 脳神経内科. 2020. 92. 6. 676-682
  • 二藤隆春, 佐藤 拓. 喉頭・気管外傷. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2020. 92. 7. 527-531
  • 二藤隆春. 構音障害. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2020. 92. 5. 180-185
  • 二藤 隆春, 杉本 真美, 谷口 洋, 重松 孝, 清水 充子. 私の治療方針(series 17) ギラン・バレー症候群. 嚥下医学. 2020. 9. 1. 42-52
more...
Books (2):
  • 喉頭気管分離術「耳鼻咽喉・頭頸部手術アトラス下巻」
    医学書院 2020
  • 耳鼻科医の視点「神経疾患の緩和ケア」
    南山堂 2019
Lectures and oral presentations  (15):
  • 喉頭形成手術(チタンブリッジを用いた)の適用基準およびチタンブリッジ製品説明
    (第3回チタンブリッジ実施医手術講習会 2020)
  • 誤嚥防止手術後の摂食機能療法
    (第33回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会 2020)
  • パーキンソン病の嚥下機能手術update
    (第61回日本神経学会学術大会 2020)
  • 小児の摂食嚥下障害への対応
    (第30回日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会 2020)
  • 喉頭截開術と披裂軟骨切除術により声門開大し得た声門後部癒着症の1例
    (日本頭頸部外科学会 2020)
more...
Education (1):
  • 1989 - 1995 Osaka University
Professional career (1):
  • 医学博士 (大阪大学)
Committee career (27):
  • 2020/05 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会 「嚥下障害診療ガイドライン2023年版」改訂委員会委員
  • 2019/11 - 現在 日本音声言語医学会 編集委員会・編集委員長
  • 2019/10 - 現在 日本神経摂食嚥下栄養学会 理事
  • 2018/06 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会 福祉医療・成人老年委員会委員
  • 2018 - 現在 日本嚥下医学会 理事
Show all
Association Membership(s) (10):
日本神経摂食嚥下栄養学会 ,  日耳鼻埼玉県地方部会 ,  日本神経筋疾患摂食嚥下栄養研究会 ,  日本小児耳鼻咽喉科学会 ,  日本音声言語医学会 ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  日本嚥下医学会 ,  日本喉頭科学会 ,  日本気管食道科学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page