Rchr
J-GLOBAL ID:200901021921341356   Update date: Apr. 08, 2021

Ito Shoichi

イトウ ショウイチ | Ito Shoichi
Affiliation and department:
Job title: Chiba University
Research field  (1): Tertiary education
Research keywords  (2): Medical Education ,  Neuroradiology
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2019 - 2023 Research about development of new teaching method to promote voluntary action of learners in clinical clerkship
  • 2019 - 2023 専門職連携のための専門職連携によるFD実践のための基盤研究とプログラム開発
  • 2017 - 2020 Does flipped classroom between interprofessional faculty members improve physical assessment skills?
  • 2016 - 2019 Construction of bases to develop non-technical skills for medical doctors
  • 2016 - 2019 Development of educational method for managing difficult patient encounter for improving patient-centered care
Show all
Papers (197):
  • Hajime Kasai, Kiyoshi Shikino, Go Saito, Tomoko Tsukamoto, Yukiko Takahashi, Ayaka Kuriyama, Kazuhisa Tanaka, Misaki Onodera, Hidetaka Yokoh, Koichiro Tatusmi, et al. Alternative approaches for clinical clerkship during the COVID-19 pandemic: online simulated clinical practice for inpatients and outpatients-A mixed method. BMC medical education. 2021. 21. 1. 149-149
  • Atsuhiko Sugiyama, Hajime Yokota, Shigeki Hirano, Graham Cooper, Hiroki Mukai, Kyosuke Koide, Jiaqi Wang, Shoichi Ito, Carsten Finke, Alexander U Brandt, et al. Magnetic resonance T1w/T2w ratio in the middle cerebellar peduncle might be a sensitive biomarker for multiple system atrophy. European radiology. 2020
  • 横尾英孝, 小野寺みさき, 高橋在也, 木村康彦, 稲川知子, 朝比奈真由美, 伊藤彰一. 臨床実習中止期間中のメディア演習推進のためのFaculty development -ICT支援、カリキュラム例示、個別相談-. 医学教育. 2020. 51. 3. 336-337
  • Atsuhiko Sugiyama, Hajime Yokota, Yoshitaka Yamanaka, Hiroki Mukai, Tatsuya Yamamoto, Shigeki Hirano, Kyosuke Koide, Shoichi Ito, Satoshi Kuwabara. Vertical pons hyperintensity and hot cross bun sign in cerebellar-type multiple system atrophy and spinocerebellar ataxia type 3. BMC neurology. 2020. 20. 1. 157-157
  • 鋪野 紀好, 伊藤 彰一, 生坂 政臣. 反転授業と学習者相互学習を取り入れた身体診察能力向上のためのInterest groupの取り組み. 医学教育. 2020. 51. 2. 133-137
more...
MISC (136):
Books (8):
  • eポートフォリオ-医療教育での意義と利用法-
    2017
  • アウトカム基盤型教育の理論と実践
    篠原出版新社 2013
  • 神経疾患最新の治療2009-2011
    南江堂 2009
  • 神経疾患・診療ガイドライン
    総合医学社 2009
  • 神経MRI診断学
    シービーアール 2009
more...
Lectures and oral presentations  (116):
  • Online clinical reasoning skill training course for medical students: General Medicine Interest Group
    (2021)
  • withコロナ・afterコロナ時代に求められる卒業時アウトカムの検討 -千葉大学医学部を事例として-
    (2021)
  • フルオンライン開催による医学教育専門家制度履修コースの分析
    (第53回日本医学教育学会大会 2021)
  • ロールプレイによる模擬診療と講義を組み合わせたCOVID-19診療教育の実践
    (第53回日本医学教育学会大会 2021)
  • 経皮血液ガスモニタ併用PSGによる多系統萎縮症における睡眠関連低換気症候群の検出
    (第15回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2021)
more...
Education (1):
  • 1992 - 1998 Chiba University 医学科
Professional career (1):
  • MD (Chiba University)
Work history (11):
  • 2019/05 - 現在 千葉大学 医学部 医学教育研究室 室長
  • 2019/05 - 現在 千葉大学 大学院医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター センター長
  • 2019/05 - 現在 千葉大学 大学院医学研究院 医学教育学 教授
  • 2019/04 - 現在 千葉大学 医学部附属病院 総合医療教育研修センター センター長
  • 2009/08 - 2019/04 Chiba University School of Medicine
Show all
Committee career (51):
  • 2021/04 - 現在 千葉東洋医学シンポジウム 世話人会
  • 2020/07 - 現在 日本医学教育学会 教育病院委員会
  • 2020/07 - 現在 日本医学教育学会 医学教育専門家委員会
  • 2020/04 - 現在 千葉県 健康福祉部 医療整備課 医師のキャリア形成プログラムに係るワーキンググループ
  • 2019/04 - 現在 医療系大学間共用試験実施評価機構 診療参加型臨床実習後客観的臨床能力試験 医学系運営委員会
Show all
Association Membership(s) (5):
日本神経放射線学会 ,  日本内科学会 ,  日本神経学会 ,  An International Association for Medical Education ,  日本医学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page