Rchr
J-GLOBAL ID:200901044133206030   Update date: Nov. 27, 2020

Kudoh Noritaka

クドウ ノリタカ | Kudoh Noritaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): https://sites.google.com/site/noritakakudoh/ri-ben-yuhomuhttps://sites.google.com/site/noritakakudoh/
Research field  (3): Money and finance ,  Public economics, labor economics ,  Theoretical economics
Research keywords  (2): search theory ,  Macroeconomics
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2015 - 現在 経済成長を促進する労働市場政策の効果を推定する動学分析
  • 2015 - 現在 サーチ理論のフロンティア
  • 2017 - 2020 企業規模と企業数:サーチ理論による市場構造の分析
  • 2014 - 2017 転売と投機の経済分析:金融市場における異質性とサーチ理論
  • 2011 - 2013 戦略的補完性とレジームシフトによる経済危機の分析:サーチ理論からのアプローチ
Show all
Papers (11):
MISC (11):
Books (2):
  • 経済学者に聞いたら、ニュースの本当のところが見えてきた
    日本経済新聞社 2013
  • サーチ理論-分権的取引の経済学
    東京大学出版会 2007 ISBN:4130402358
Lectures and oral presentations  (2):
  • Inflation and Deflation in the Theory of Intertemporal Public Finance
    (2018)
  • Employment and Hours over the Business Cycle in a Model with Search Frictions
    (Econometric Society World Congress 2015)
Education (2):
  • 1996 - 2000 State University of New York at Buffalo
  • 1992 - 1996 Ritsumeikan University
Professional career (2):
  • Ph.D. (ニューヨーク州立大学(State University of New York at Buffalo))
  • Ph.D.
Work history (10):
  • 2015/10/01 - 現在 名古屋大学経済学研究科(教授)
  • 2015/10/01 - 現在 名古屋大学経済学研究科(教授)
  • 2015/10/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Economics Department of Socio-Economic System Analysis on the System of Policy Making Professor
  • 2007/04 - 2015/09/30 Associate Professor, Hokkaido University
  • 2007/04 - 2015/09/30 Associate Professor, Hokkaido University
Show all
Committee career (4):
  • 2011 - 2012 日本経済学会2012年度春季大会プログラム委員会 プログラム委員
  • 2011 - 2012 日本経済学会2012年度春季大会運営委員会 大会運営副委員長
  • 2009 - 2010 日本経済学会2010年度秋季大会プログラム委員会 プログラム委員
  • 2001 - 日本経済学会2001年度秋季大会運営委員会 大会運営委員
Association Membership(s) (1):
日本経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page