Rchr
J-GLOBAL ID:200901089385901290   Update date: Sep. 29, 2020

Ando Itaru

アンドウ イタル | Ando Itaru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Electrical power engineering
Research keywords  (2): パワーエレクトロニクス ,  Power Electronics
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2019 - 2021 フライングキャパシタを相互に組入れたインターリーブ式ソフトスイッチングコンバータ
  • 2016 - 2018 GICを用いた電子回路モデルによるコンバータの三相電流復元とセンサレス制御
  • 2012 - 2014 ロスレススナバを組み入れたインターリーブ式高効率AC/DCコンバータの開発
  • 2009 - 2011 アクティブフィルタ機能を有する交流チョッパ式高効率単相UPSの開発
  • 2005 - 2007 直流部にアクティブフィルタ機能を有するフライホイール式UPS用電力変換器の開発
Show all
Papers (41):
MISC (5):
Patents (10):
Lectures and oral presentations  (19):
  • スイッチングストップ機能を用いたクロス結線式インターリーブコンバータの入力電流波形改善
    (第25回高専シンポジウム 2020)
  • フライングキャパシタを活用したクロス結線式高効率コンバータの実験的検証
    (第25回高専シンポジウム 2020)
  • 入力より高い電圧出力に適した一線共通型単走電圧調整期の実験的検証
    (第25回高専シンポジウム 2020)
  • フライングキャパシタを追加したインターリーブ式コンバータの入力電流波形改善
    (電気関係学会東北支部連合大会, 2D16 2019)
  • フライングキャパシタを活用したクロス結線式高効率コンバータ
    (電気関係学会東北支部連合大会, 2D17 2019)
more...
Works (5):
  • 電気機器学の講義と演習 森北出版 全208頁
    服部正行, 久保田収, 安東至 1997 -
  • 単相200(V)フライホイール式UPSの開発
    1991 -
  • Development of Single phase and 200 Voltage UPS using Flywheel
    1991 -
  • フライホイール式UPSの開発
    1988 -
  • Development of Uninterruptible Power Supply using Flywheel
    1988 -
Professional career (2):
  • Dr.Eng (Nagaoka University of Technology)
  • Dr.Eng (Nagaoka University of Technology)
Work history (3):
  • 2009/04 - 現在 国立秋田工業高等専門学校
  • 1999/04 - 2009/03 国立秋田工業高等専門学校
  • 1995/04 - 1999/03 国立長岡技術科学大学
Awards (4):
  • 1999 - 電気学会東北支部優秀論文賞
  • 1997 - 電気学会論文発表賞
  • 1997 - 電気学会論文発表賞
  • 1991 - 電気学会論文発表賞
Association Membership(s) (3):
THE INSTITUTE OF ELECTRICAL AND ELECTRONICS ENGINEERS ,  計測自動制御学会 ,  電気学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page