Rchr
J-GLOBAL ID:201601016446216900   Update date: Jan. 15, 2021

Hiroko Koyama

コヤマ ヒロコ | Hiroko Koyama
Affiliation and department:
Research field  (3): Molecular biochemistry ,  Neurosurgery ,  Pharmaceuticals - chemistry and drug development
Research keywords  (30): 薬剤送達 ,  有機合成 ,  ギンコライド ,  プローブ ,  ヒストン ,  創薬 ,  天然物 ,  臨床応用 ,  認知症(脳機能)改善漢方薬成分 ,  ギンセノシド ,  プロドラック ,  クロスメタセシス反応 ,  イメージング ,  分子 ,  PETトレーサー ,  PET ,  MGMT ,  ギンゴライド ,  PET分子プローブ ,  癌幹細胞 ,  高速クロスカップリング反応 ,  メチル化 ,  核酸医療 ,  分子イメージング ,  脳腫瘍 ,  アルキル-アルキル間クロスカップリング反応 ,  パラジウム触媒 ,  ボロン化合物 ,  高速反応 ,  PETプローブ合成
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2017 新たに発見したリン酸化タウ凝集阻害薬の作用分子機構の解明と脳内標的イメージングのための11C含有PETプローブの開発
  • 2013 - 2016 短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
  • 2013 - 2015 短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
  • 2013 - 2015 短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
  • 2013 - 2015 短寿命11C放射性核種標識のためのsp3-sp3炭素間高速C-メチル化反応の開発
Papers (20):
more...
MISC (56):
more...
Patents (10):
Books (1):
  • Pd0-Mediated Rapid C-[11C]Methylation and C-[18F]Fluoromethylation: Revolutionary Advanced Methods for General Incorporation of Short-Lived Positron-Emitting 11C and 18F Radionuclides in an Organic Framework. In Positron Emission Tomography-Current Clinic
    InTech 2012 ISBN:9789533078243
Lectures and oral presentations  (15):
  • 11C標識PETプローブ合成のためのsp3炭素の高速メチル化法
    (Bio Tech 2014 第13回国際バイオテクノロジー展/技術会議 2014)
  • 高速カップリング反応による短寿命11C標識のための革新的合成法
    (第3回触媒化学融合研究センター講演会 2013)
  • Efficient synthesis of [11C]zidovudine and its analogues by Pd(0)-Cu(i) co-mediated rapid C-[C-11]methylation
    (The 20th International Symposium on Raiopharmaceutical Sciences 2013)
  • 高速クロスカップリング法による短寿命11C,18F含有PETプローブの革新的合成法
    (国立大学法人名古屋大学 名古屋大学グローバルCOEプログラム「機能分子医学への神経疾患・腫瘍の融合拠点」グローバルCOE第33回プログレスレポート会議 2012)
  • Pd0-mediated rapid coupling of methyl iodide with excess amounts of benzyl- or cinnamylboronic acid esters (sp3-sp3 type coupling) for the incorporation of positron-emitting 11C radionuclide into an organic franework
    (2012 World Molecular Imaging Congress(WMIC2012) 2012)
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期過程物理学専攻
  • 1997 - 1999 名古屋大学大学院理学研究科博士課程前期過程物理学専攻
  • 1993 - 1997 Nagoya University Department of Chemistry
Professional career (1):
  • 理学博士 (名古屋大学大学院理学研究科)
Work history (5):
  • 2018/04 - 現在 Department of Chemistry and Biomolecular Science, Faculty of Engineering, Gifu University Associate Professor
  • 2017/04 - 2018/03 Gifu University Faculty of Engineering
  • 2007/04 - 2017/03 Gifu University Graduate School of Medicine
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 Gifu University
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 日本学術振興会特別研究員
Awards (1):
  • 2004/02/15 - BCSJ賞
Association Membership(s) (4):
アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  ケミカルバイオロジー学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page