Rchr
J-GLOBAL ID:201701013850138821   Update date: Nov. 17, 2021

Shimura Akiyoshi

シムラ アキヨシ | Shimura Akiyoshi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (2): Healthcare management, medical sociology ,  Psychiatry
Research keywords  (7): 精神薬理学 ,  circadian rhythm ,  debate ,  Chronobiology ,  Occupational medicine ,  Psychiatry ,  Somnology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2023 睡眠の問題の改善によるアブセンティズム・プレゼンティズムの改善
  • 2017 - 2020 Customized Sleep Hygiene Intervention and Improvement of Absenteeism and Presenteeism in School
Papers (32):
  • Akiyoshi Shimura, Katsunori Yokoi, Yoshiki Ishibashi, Yusaku Akatsuka, Takeshi Inoue. Remote Work Decreases Psychological and Physical Stress Responses, but Full-Remote Work Increases Presenteeism. Frontiers in Psychology. 2021. 12
  • Yoshikazu Takaesu, Akiyoshi Shimura, Yoko Komada, Kunihiro Futenma, Miho Ishii, Ko Sugiura, Koichiro Watanabe, Yuichi Inoue. Association of sleep duration on workdays or free days and social jetlag with job stress. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2021
  • Kuniyoshi Toyoshima, Takeshi Inoue, Akiyoshi Shimura, Yoshihiro Uchida, Jiro Masuya, Yota Fujimura, Shinji Higashi, Ichiro Kusumi. Mediating Roles of Cognitive Complaints on Relationships between Insomnia, State Anxiety, and Presenteeism in Japanese Adult Workers. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021
  • Yoko Komada, Yoshiki Ishibashi, Shunta Hagiwara, Mariko Kobori, Akiyoshi Shimura. A Longitudinal Study of Subjective Daytime Sleepiness Changes in Elementary School Children Following a Temporary School Closure Due to COVID-19. Children (Basel, Switzerland). 2021. 8. 3
  • Taito Hayashida, Akiyoshi Shimura, Motoki Higashiyama, Yota Fujimura, Kotaro Ono, Takeshi Inoue. Psychosomatic Stress Responses and Sleep Disturbance Mediate the Effects of Irregular Mealtimes on Presenteeism. Neuropsychiatric Disease and Treatment. 2021. 17. 315-321
more...
MISC (49):
  • 志村 哲祥. メラトニン受容体作動薬 (特集 ピットフォールから学ぶ 睡眠薬の適正使用) -- (その他の睡眠薬). 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly. 2021. 63. 6. 1091-1094
  • 森下 千尋, 犬伏 厚夫, 志村 哲祥, 石橋 由基, 三木 保, 井上 猛. 入院患者における向精神薬使用と転倒・転落リスクに関する症例対照研究. 精神神経学雑誌. 2020. 2020特別号. S442-S442
  • 志村 哲祥, 杉浦 航, 井上 愛美, 横井 克典, 小嶋 麻美, 岬 昇平, 大野 浩太郎, 古井 祐司, 井上 猛. 生活習慣改善は精神的不調の予防となりうるか 生活習慣・睡眠とストレス反応に関する縦断調査. 精神神経学雑誌. 2020. 2020特別号. S553-S553
  • 林田 泰斗, 志村 哲祥, 藤村 洋太, 井上 猛. 食事の不規則さは心身のストレス反応と睡眠の問題を介してプレゼンティズムを引き起こす. 精神神経学雑誌. 2020. 2020特別号. S574-S574
  • 田谷 元, 志村 哲祥, 石橋 由基, 岬 昇平, 井上 猛. ストレスチェックで測定される諸要因はプレゼンティズムと関連する. 精神医学. 2020. 62. 7. 1037-1043
more...
Books (5):
  • 子どもの睡眠ガイドブック : 眠りの発達と睡眠障害の理解
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254301199
  • 健 2017年8月号
    日本学校保健研修社 2017
  • 健 2017年7月号
    日本学校保健研修社 2017
  • プライマリ・ケア医のための睡眠障害-スクリーニングと治療・連携
    南山堂 2012 ISBN:4525383917
  • Neurological modulation of sleep : mechanisms and function of sleep health
    Academic Press ISBN:9780128166581
Lectures and oral presentations  (35):
  • 特定保健指導はメンタルヘルス対策となりうるか? -生活習慣や睡眠とメンタルヘルス・産業保健との関係-
    (日本総合検診医学会第48回大会 2020)
  • 構造化された睡眠衛生指導は学生の退学を予防する: 多施設ランダム化比較試験
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 多施設共同研究: 高等学校における睡眠と欠席・通学意欲との関連の分析
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 多施設共同研究: 高等学校における睡眠の実態の調査
    (日本学校保健学会第66回学術大会 2019)
  • 睡眠リズムの多様性と生活
    (日本生理人類学会睡眠研究部会 2019)
more...
Education (3):
  • - 現在 Tokyo Medical University
  • - 現在 Juntendo University
  • - 現在 Tokyo Gakugei University
Professional career (2):
  • 博士(医学)
  • 医師
Committee career (2):
  • 2019/04 - 現在 National Sleep Foundation - Sleep Health Editorial Board
  • 2010 - 現在 日本時間生物学会 評議員
Awards (4):
  • 2020/10 - 日本精神神経学会 精神神経学雑誌投稿奨励賞(学術総会部門)
  • 2020/05 - Oral Presentation Award
  • 2018/10 - 日本時間生物学会 第25回日本時間生物学会学術総会優秀ポスター賞 睡眠の問題、クロノタイプ、Social Jet Lagよりも平日の起床時刻が高校生の出席不良と強く関連する
  • 2018/05 - 日本産業衛生学会 第91回日本産業衛生学会若手優秀演題賞 夜型のクロノタイプを持つ者の早すぎる起床時刻はプレゼンティーイズムを招く
Association Membership(s) (5):
THE JAPANESE ASSOCIATION OF SCHOOL HEALTH ,  JAPAN SOCIETY FOR OCCUPATIONAL HEALTH ,  JAPANESE SOCIETY FOR CHRONOBIOLOGY ,  日本精神神経学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SLEEP RESEARCH
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page