Proj
J-GLOBAL ID:202104009066989820  Research Project code:18060800

超高齢化社会で活躍する高齢者を支援するソフトエグゾスケルトンならびに装着型アシスト機器の開発

超高齢化社会で活躍する高齢者を支援するソフトエグゾスケルトンならびに装着型アシスト機器の開発
National award number:JPMJKB1802
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJKB1802
Research overview:
本研究は、歩行と転倒防止を支援するSmart Assistive Soft Exoskeleton(SASE)技術を開発することを目的とする。従来の運動アシストロボットは、強い支援力、細かな制御機能をもつが重く、高価である。一方、提案するSASE技術は、低圧駆動ゴム人工筋技術を用いることで、軽量・柔軟で着脱しやすく、オーダーメイド製作が容易になるメリットがある。高齢者が活躍する社会を実現するために、本研究では、1)センサとディスプレイ機能を備えたアシスト機器の設計、2)歩行補助と転倒予防の評価技術開発、3)医療機関における提案システムの評価、という3つの課題に、工学、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、医師、理学・作業療法士のチームで挑戦する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Parent Research Project: 超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page