Proj
J-GLOBAL ID:202104009257114181  Research Project code:13412820

安全管理を目指した高圧環境下における応力分布測定法の実現

安全管理を目指した高圧環境下における応力分布測定法の実現
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , その他部局等, 研究員(移行) )
Research overview:
本研究では,高圧環境下における応力分布および,疲労き裂の進展挙動の可視化をすると共に,来るべき水素社会を見据え,高圧設備等の安全設計に資することが目的である. 応力発光センサを用いた実験的なアプローチにより圧力容器内部の応力分布測定を行うため,大きく分けて「(1) 圧力容器内部への応力発光センサ塗装条件の最適化」,「(2) 圧力容器に応力発光センサを実装し,疲労サイクル試験の実施」の2点について詳細な実験を実施した. その結果,(1)については十分な目標値を達成した.また,(2)圧力容器のサイクル試験では,これまでに測定が不可能であった応力分布(応力集中)を可視化することに成功した. 今後は,高圧容器や高圧設備の健全性を評価するシステムの構築を進める予定である。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page