Proj
J-GLOBAL ID:202104010852648678  Research Project code:11103347

細胞内環境操作法による疾患モデル細胞の創成

細胞内環境操作法による疾患モデル細胞の創成
National award number:JPMJPR11A6
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院総合文化研究科 )
Research overview:
セミインタクト細胞リシール法は、細胞質の交換を可能にする技術です。本研究では、病態組織から調製した病態細胞質を正常細胞の細胞質と交換することにより、病態環境を再現した「疾患モデル細胞」を創ります。それにより、疾患時に細胞内で生起する分子ネットワークの異常・攪乱をモニターし、病態に至る分子メカニズムの解明を目指します。さらに、病態改善因子(化合物など)を探索するシステムを構築します。
Research program:
Parent Research Project: 細胞機能の構成的な理解と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page