Proj
J-GLOBAL ID:202104017748151839  Research Project code:11104072

ナノ粒子水分散液の高濃度化を指向した液面プラズマ技術の開発

ナノ粒子水分散液の高濃度化を指向した液面プラズマ技術の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 材料化学部 )
Research overview:
液面プラズマによるナノ粒子の水分散液の調製において、分散液の高濃度化について検討した。ナノ粒子TiO2の水中分散に有効なプラズマ処理条件を明らかにし、その最適条件下において研究目標に掲げた1 wt%のTiO2水分散液の調製を達成した。分散液のTiO2粒子はプラズマ処理により正に帯電していることを確認した。また、その分光測定ではプラズマ処理により生成した過酸化物と推定されるピークが認められた。これらのことから、液面プラズマ処理によるTiO2粒子の分散はその表面の改質に起因する静電反発力によるものと考察された。今後は実用化を目指し分散液のさらなる高濃度化の実現に向けて取り組む。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page