研究者
J-GLOBAL ID:200901000672803860   更新日: 2020年07月15日

井関 健

イセキ ケン | Iseki Ken
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://rinyaku.pharm.hokudai.ac.jp/
研究分野 (11件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  薬理学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  医療薬学 ,  家政学、生活科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (6件): 医薬品情報 ,  サプリメント ,  臨床薬学 ,  吸収 ,  薬物動態 ,  トランスポーター
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2009 - 2013 臨床業務処理能力スキルの向上を目的とした教育プログラムの開発
  • 2008 - 2011 小腸虚血障害によるトランスポーター機能発現変動と他臓器への影響
  • 2007 - 2011 ルテインの吸収動態の解明と酸化障害抑制効果に関する研究
  • 2007 - 2011 肺胞上皮における微小環境薬物動態評価システムの構築と薬物の肺組織移行性の解析
論文 (20件):
  • 新沼 悠介, 今井 俊吾, 山田 武宏, 鏡 圭介, 山神 彰, 宮井 貴之, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健. 腎機能低下患者へのバンコマイシン初回負荷投与の安全性調査. TDM研究. 2019. 36. 3. 117-124
  • 山神 彰, 山田 武宏, 北川 善政, 大廣 洋一, 佐藤 淳, 石黒 信久, 今井 俊吾, 小林 正紀, 井関 健. 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較. 医療薬学. 2019. 45. 5. 254-261
  • 齋藤 佳敬, 山田 武宏, 小林 正紀, 榊原 純, 品川 尚文, 木下 一郎, 秋田 弘俊, 井関 健. Paclitaxel-associated Acute Pain Syndrome Similarly Occurs in the Patients with or without Previously Administered Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs Prior to Paclitaxel Administration. 薬学雑誌. 2019. 139. 12. 1601-1608
  • 今井 俊吾, 山田 武宏, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健. ガンシクロビル誘発性血小板減少症の要因分析とDecision tree 解析を用いたリスク推定モデルの構築. 医薬品情報学. 2019. 21. 1. 9-19
  • 新沼 悠介, 今井 俊吾, 冨山 直樹, 鏡 圭介, 山神 彰, 山田 武宏, 小林 正紀, 井関 健, 石黒 信久, 福元 達也. 血液培養陽性患者におけるde-escalationの実施状況とその有用性調査. 北海道病院薬剤師会誌. 2018. 95. 9-12
もっと見る
MISC (83件):
  • 堤 竹蔵, 今井 俊吾, 山田 勝久, 山田 武宏, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健. リネゾリド投与患者における嘔吐発現の因果関係の検証. 薬学雑誌. 2019. 139. 7. 1055-1061
  • 今井 俊吾, 山田 武宏, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健. データマイニング手法を用いた副作用発現リスクの定量的評価モデルの開発 ガンシンクロビル誘発性血小板減少症発現割合の推定モデルの構築. 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集. 2019. 22回. 83-83
  • 山神 彰, 山田 武宏, 北川 善政, 大廣 洋一, 佐藤 淳, 石黒 信久, 今井 俊吾, 小林 正紀, 井関 健. 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較. 医療薬学. 2019. 45. 5. 254-261
  • 今井 俊吾, 山田 武宏, 笠師 久美子, 小林 正紀, 井関 健. ガンシクロビル誘発性血小板減少症の要因分析とDecision tree解析を用いたリスク推定モデルの構築. 医薬品情報学. 2019. 21. 1. 9-19
  • 窪田 篤人, 小林 正紀, 更科 壮太, 保田 元気, 鳴海 克哉, 古堅 彩子, 鈴木 夏子, 井関 健. GABA はラット小腸 I/R による腸管免疫変動を抑制する. 第145回 日本薬学会北海道支部例会. 2018
もっと見る
学位 (1件):
  • 薬学博士 (北海道大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る