研究者
J-GLOBAL ID:200901011766511066   更新日: 2020年05月28日

市山 新

イチヤマ アラタ | Ichiyama Arata
所属機関・部署:
職名: 理事(教育・国際交流担当)
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  医化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (2件): 進化生化学 ,  尿路結石症
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1974 - 2003 蓚酸生成制御におけるミトコンドリア局在およびペルオキシソーム局在セリン : ピルビン酸/アラニン : グリオキシル酸トランスアミナーゼの役割
MISC (5件):
書籍 (3件):
  • 原発性高蓚酸尿症1型(共著)
    臨床DNA診断法(古圧敏行、井村裕夫、中込弥男、岡田伸太郎、湯浅保仁、倉田毅編;金原出版刊) 1995
  • 原発性高蓚酸尿症1型(共著)
    ペルオキシソーム病 -新しい遺伝疾患(厚生省特定疾患酵素障害調査研究班編) 1994
  • 蓚酸定量,SPT/AGTの活性測定
    ペルオキシソーム病 -新しい遺伝疾患(厚生省特定疾患酵素障害調査研究班編) 1994
Works (3件):
  • 蓚酸生成制御におけるミトコンドリア局在およびペルオキシソーム局在セリン : ピルビン酸/アラニン : グリオキシル酸トランスアミナーゼの役割
    1989 - 2001
  • 新規合成セリン : ピルビン酸/アラニン : グリオキシル酸トランスアミナーゼの細胞内局在に関する共同研究
    1983 - 1996
  • 肝臓におけるレーセリン代謝でのセリン : ピルビン酸/アラニン : グリオキシル酸トランスアミナーゼの役割に関する研究
    1979 - 1995
学歴 (2件):
  • - 1964 京都大学 医学研究科 生理系
  • - 1960 京都大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2000 - 2004 浜松医科大学 副学長
  • 2000 - 2004 浜松医科大学
  • 2004 - - 国立大学法人浜松医科大学
  • 1974 - 2000 浜松医科大学 教授
  • 1974 - 2000 浜松医科大学
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2004 - 2005 日本生化学会 監事
  • 2004 - 日本生化学会 名誉会員
  • 2001 - 日本尿路結石症研究会 名誉会員
  • 1980 - 1981 日本生化学会 理事
受賞 (3件):
  • 1986 - 1986年度 齋藤賞
  • 1971 - 1971年度 日本生化学会奨励賞
  • 1965 - 1965年度 ERWIN VON BÄLZ賞
所属学会 (2件):
日本尿路結石症研究会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る