研究者
J-GLOBAL ID:200901019759547714   更新日: 2019年11月12日

大久保 光夫

オオクボ ミツオ | OKUBO Mitsuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 附属浦安病院  室長
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2004 - 2005 卵巣癌抗原特異的活性化T細胞療法
  • 2004 - 2005 末梢血幹細胞移植療法
  • 2005 - 2006 末梢血幹細胞移植療法
  • 2005 - 2006 卵巣癌抗原特異的活性化T細胞療法
論文 (21件):
  • Sekiguchi Y, Wakabayashi M, Takizawa H, Iizuka H, Sakajiri S, Sugimoto K, Inano T, Fukuda Y, Hamano Y, Hirano T, Sato E, Aritaka N, Yahata Y, Morita K, Okamura T, Tomita S, Izumi H, Okubo M, Nakamura N, Sawada T, Noguchi M. Retrospective Analysis of 20 Patients with DLBCL Who Received MCVAC Followed by Autologous Peripheral Blood Stem Cell Transplantation. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019. 46. 8. 1265-1273
  • Sekiguchi Y, Wakabayashi M, Takizawa H, Iizuka H, Sakajiri S, Sugimoto K, Inano T, Fukuda Y, Hamano Y, Tomita S, Izumi H, Okubo M, Nakamura N, Sawada T, Noguchi M. Clinical Evaluation of the Efficacy and Safety of Anagrelide Used with or without Hydroxycarbamide in Japanese Patients with Essential Thrombocythemia-A Retrospective Single-Center Study of 35 Cases. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019. 46. 7. 1141-1150
  • Sekiguchi Y, Wakabayashi M, Takizawa H, Iizuka H, Sakajiri S, Sugimoto K, Inano T, Fukuda Y, Hamano Y, Tomita S, Izumi H, Okubo M, Nakamura N, Sawada T, Noguchi M. A Case of Philadelphia Chromosome-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia with Aspergillus Brain Abscess and Invasive Pulmonary Aspergillosis Successfully Treated with Voriconazole Followed by Cord Blood Transplantation. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019. 46. 7. 1203-1209
  • Okubo M, Nishida E, Watanabe A, Nishizaki N, Obinata K, Azuma F, Matsuhashi M, Watanabe-Okochi N, Tsuno NH, Miyake K, Yamaguchi M, Yoshida K, Ohsaka A. Marked thrombocytopenia in a neonate is associated with anti-HPA-5b, anti-HLA-A31, and anti-HLA-B55 antibodies. Pediatric blood & cancer. 2019. 66. 3. e27555
  • Pre-operative autologous blood donation and transfusion-related adverse reactions: A 14-year experience at a university hospital. Furuta Y, Nakamura Y, Tokida M, Ichikawa K, Ohsawa T, Okubo M, Ohsaka A. 2018. 57. 651-655
もっと見る
MISC (73件):
  • 森本愛, 澤田朝寛, 中村紀子, 伊藤聡史, 多田直記, 槇亮介, 狩谷敦子, 喜納勝成, 大久保光夫, 三宅一徳. 骨髄所見を観察しえたSpur cell anemiaの一例. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. S180
  • 澤田朝寛, 中村紀子, 森本愛, 槇亮介, 伊藤聡史, 多田直記, 狩谷敦子, 喜納勝成, 大久保光夫, 三宅一徳. 巨核球異形成判別における血小板関連項目の有用性について. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. S105
  • 槇亮介, 澤田朝寛, 伊藤聡史, 中村紀子, 森本愛, 多田直記, 狩谷敦子, 大久保光夫, 野口雅章, 三宅一徳. 慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP)にびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)が合併した一例. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. S96
  • 槇 亮介, 澤田 朝寛, 伊藤 聡史, 中村 紀子, 森本 愛, 多田 直記, 狩谷 敦子, 大久保 光夫, 野口 雅章, 三宅 一徳. 慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP)にびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)が合併した一例. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. 学術集会. S96-S96
  • 澤田 朝寛, 中村 紀子, 森本 愛, 槇 亮介, 伊藤 聡史, 多田 直記, 狩谷 敦子, 喜納 勝成, 大久保 光夫, 三宅 一徳. 巨核球異形成判別における血小板関連項目の有用性について. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. 学術集会. S105-S105
もっと見る
書籍 (21件):
  • よくわかる輸血学 : 必ず知っておきたい輸血の基礎知識と検査・治療のポイント
    羊土社 2005 ISBN:9784897066929
  • 輸血・細胞治療マニュアル
    中外医学社 2007 ISBN:9784498019188
  • 血液製剤の考え方,使い方
    中外医学社 2008 ISBN:9784498017702
  • 血液製剤の考え方,使い方
    中外医学社 2008 ISBN:9784498017719
  • わかりやすい周産期・新生児の輸血治療 : 研修医から専門医まで必修の輸血療法と安全対策
    メジカルビュー社 2009 ISBN:9784758310550
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Establishment of the college of transfusion nurses in Japan
    (The 24th Regional Congress of the International Society Blood Transfusion (ISBT) 2013)
Works (1件):
  • 県内主要施設の大量の輸血症例のフィフリノゲン値調査I(平成24年度埼玉県合同輸血療法委員会報告書)
    2013 -
学位 (1件):
  • 医学博士 (福島医科大学)
経歴 (5件):
  • 2004 - 2007 埼玉医科大学 医学部総合医療センター 輸血・細胞治療部 助教授
  • 2007 - 2015 埼玉医科大学 医学部 医学部 総合医療センター 輸血・細胞治療部 准教授
  • 2007 - 埼玉医科大学 医学部総合医療センター 輸血・細胞治療部 准教授
  • 2017/06 - 現在 順天堂大学大学院輸血・幹細胞制御学 准教授
  • 2017/05 - 現在 順天堂大学医学部附属浦安病院臨床検査医学 准教授
委員歴 (6件):
  • 2015 - 現在 日本輸血・細胞治療学会 評議員 認定医試験小委員会 認定検査技師施設認定委員
  • 2007 - 2015 日本輸血・細胞治療学会 認定医試験小委員会委員長
  • 2009 - 埼玉県合同輸血療法委員会世話人,委員,小委員会委員
  • 2010 - 日本輸血・細胞治療学会 看護師認定委員会 輸血看護師小委員会カリキュラム委員長
  • 2010 - 日本輸血・細胞治療学会 認定制度委員会 認定医制度審議会委員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る